2008年09月29日

アウディ『S4』『S4アバント』

audi_s4-avant_f_0929.jpg audi_s4_f_0929.jpg

国内では『A4』が発売されたばかりですが、海外では早くも『S4/S4アバント』の新型が発表されます。(欧州での発売は来年3月から)

エンジンは新開発3リッター直噴V6スーパーチャージャーを搭載。
最大出力333馬力、最大トルク約44.9kgmとのこと。
組み合わされるミッションは6速MTが標準でオプションとして7速Sトロニックも用意。

気になる0-100km加速は5.1秒で先代の5.8秒を大幅に更新。
尚、アバントも5.1秒で先代の5.9秒を同じく更新。
ネックだった燃費も先代から26%改善されて10km/Lをクリアして10.3km/L(アバントは10.1km/L)。
0-100km加速が5秒台の5人乗りセダン及びワゴンがリッター10km走るなんて凄いとしか言いようがないですね。


posted by tunnel at 10:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アウディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

VW新型『ゴルフGTI』

vw_new-gti.bmp

先日の『ゴルフ』に続いてホットグレード『ゴルフGTI』の新型も概要が明らかになりました。

現行モデルと同じく他のグレードとは専用グリル及びバンパー等の見た目にも差別化されています。
他にもアルミは18インチでマフラーも左右2本出しのデュアルタイプ。
更に専用スポーツサスで低くなった車高が外観を全体的に引き締めています。
もちろん中身もスポーツ。
エンジンは現行同様2リッター直噴ターボのFSI。
(ただし、最大出力は10psアップの210ps)
0-100km/h加速が7.2秒、最高速度は239km/hとのこと。
それでいて燃費は13.3km/Lというのは凄いと思います。
ここの直噴エンジンはどんどん熟成進歩しているんですね。

ヨーロッパでは来年春に発売されるそうです。
日本でも現行モデルは大人気だったので待たれているファンは多いでしょうね。
posted by tunnel at 15:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | VW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

ルノー新型『トゥインゴ』

runo_twig_city.jpg

2代目『トゥインゴ』が日本でも発売されることになりました。
11月7日から販売開始とのこと。

グレードは「トゥインゴ」と「トゥインゴGT」を用意。
「トゥインゴ」が1.2リッターNAなのに対し「トゥインゴGT」が1.2リッターターボ。
ミッションは「トゥインゴ」が5速AT、「トゥインゴGT」が5速MT。
車両重量は「トゥインゴ」が980kg、「トゥインゴGT」が1040kg
ボディサイズは全長3600mm×全幅1655mm×全高1470mm×でホイールベースが2365mm。

runo_twig_old.jpg←初代
初代と比べるとかなりベーシックな姿形になりましたね。
「キモ可愛い」から「キモ」がなくなり単に「可愛い」になった感じ。
日産のディーラーに軽を買いに来たお嬢さん方の目に止まれば勝機はあるかも。
と思いましたが、「トゥインゴ」198万円、「トゥインゴGT」240万円という価格を見た途端に冷ややかな目で見られる可能性大。
以前、プジョーブームを起こした『206』の価格設定を思い出すと、この新型『トゥインゴ』の値段はどうなんでしょう?
posted by tunnel at 16:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ルノー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

リンカーン『MKX』

mkx_f.jpg
mkx_r.jpg

5月に日本に導入された『ナビゲーター』に続いて突如国内販売が開始された『MKX』です。
ヨーロッパモデル『フォーカス』等を切り捨てラインナップがとても寂しくなってしまったフォードジャパン。
代わりに豪華ブランド「リンカーン」で巻き返しを図ろうというのでしょうか。
ならば『MKS』だって入れてほしい。

この『MKX』はCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)というジャンルに属するそうです。
リンカーンらしい大きな格子状グリルが迫力満点。
ボディサイズは全長4750mm×全幅1925mm×全高1705mm。
十分大きいですが『ナビゲーター』に比べれば、ね。
ドライブトレーンは最高出力269ps、最大トルク34.6kg-mを発生する3.5リッターエンジンと6速ATの組み合わせ。
また、地デジフルセグチューナー内蔵HDDナビ、運転席&助手席にはシートヒーター&クーラー、後席シートヒーターなどが標準装備。
リンカーンのラグジュアリーな雰囲気が好きだけど『ナビゲーター』はさすがにデカ過ぎ、という人にはいいかも。

この程よくスポーティーなルックス、僕は好きです。
あとリヤーいっぱいに広がるLEDランプ(後続車から「眩しい!」と言われそう)が目一杯光輝くのを見てみたい。
問題は650万円というお値段。
posted by tunnel at 16:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

プジョー『プロローグ』

pjo_hybrid-concept.jpg

プジョー発ハイブリッドカーのコンセプトモデル『プロローグ』です。

昨日書いたGM『オーランド』もですが、今後も多くのメーカーからハイブリッドモデルが市販化され続けるのでしょうが、いつかそれらがスタンダードになる日が来るのでしょうか。
そしたらすごく道路が静かになりそう。
(『LS』みたいな高級車もそうですが)ハイブリッドモデルの静かさって同乗者は快適だと思うのですが、ドライバーとしてはちょっぴり物足りないというか寂しい気もするんですよね。
posted by tunnel at 17:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

GMのミニバン、シボレー『オーランド』

civ_o-land.jpg

GMがパリモーターショーで出展予定の『オーランド』です。

ベースは先日こちらのブログで記事にした『クルーズ』
エンジンは2リッターターボディーゼル。
室内は3列シートの最大7人乗り。
GMもこれでミニバン市場に参戦でしょうか。
ミニバンの先駆け日本には優れたパッケージングのミニバンがウヨウヨありますから日本での販売はなさそうですが、世界的に広がりつつある市場なのかもしれません。
東欧や中国などのユーザーにはまだセダンが人気のようですが、そのうちミニバンが流行り出したらいよいよセダンは高級車しかなくなってしまいそうで心配です。
posted by tunnel at 16:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | GM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

カイエンの快速救急車

pol_police-car.jpg

ポルシェがシュトゥットガルト市に納車した消防局指定仕様の『カイエン』です。

なんでもシュトゥットガルト市は丘が多く市街地での速さ以外にあらゆる地形での走破性も求められるということで『カイエン』はこの地の救急車としては最適なんだそうで。
ベース車は3.6リッターV6エンジンを載せたモデルでPSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム)も装備。

ケガや病気はイヤですが、一度くらい乗ってみたいですね。
posted by tunnel at 14:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

タイの新型『シティ』

honda_city_2008.jpg

タイで生産&販売されている『シティ』の新型が発表されました。

ホンダ『シティ』と言えば1981年〜1993年までの間、日本で販売されたコンパクトカー。
ところが、日本での生産が終了していた1996年にHATC(ホンダ・オートモービル・タイランド・カンパニーリミテッド)がタイを含むアジア市場向けに同じ『シティ』という車名で新たなコンパクトセダンを発売。
現在までにアジアを中心とする7カ国で生産、100万台以上が販売されているとのこと。
そして現在、日本には『フィット・アリア』として輸出しているというのも初めて知りました。
『フィット・アリア』って逆輸入モデルだったんですか・・・。

そして今回の新型ですが、顔は『エアウェイブ』もしくはイギリス生産されている『シビック3ドアハッチ』っぽく結構アグレッシブ。
僕としてはコンパクトセダンとしては『ドマーニ』や『トルネオ』みたいな落ち着いているけど若干スポーティな顔ってのが理想なのですが。
最近のホンダはどのモデルも結構尖ってますからね。男性向けというか。
この新型も『フィット・アリア』として入ってくるのでしょうか。

honda_city_old.jpg
日本人にはやっぱり『シティ』と言えばこっちですよね。
posted by tunnel at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ルノー新型『メガーヌ』

2008_meganu.JPG

昨日に続いてフランス車の話題。
ルノーの主力モデル『メガーヌ』の新型が発表されました。

先に登場していた『ラグナ』と同じ表情で統一された新型『メガーヌ』は現行よりも大分スポーティな雰囲気。
グリルレスな新型の顔、個人的にカッコイイと思います。
特徴だったリヤーウィンドウは普通の形に戻りました。
気になるのはトランスミッション。
現行の4速ATから変更はあるのか。
MT比率の高いヨーロッパではあまり重要視されないのかもしれませんが、日本人としてはやはりAT多段化は願うところ。
これはフランス車全般に言えることで、『407』『C5』とかの1つ上のクラスもV6モデル以外は4速ですからね・・・。

ヨーロッパでは早くも今年の11月に発売予定。
VW『シロッコ』の国内発売時期も気になりますが、この『メガーヌ』も気になります!
posted by tunnel at 14:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルノー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

シトロエン『Hypnos』

hypnos_01.jpg

パリショーで発表予定のコンセプトカー『Hypnos』です。
シトロエン曰く「クーペのバイタリティとセダンのエレガンスさ、そしてSUVの広々さを併せ持つ、インプレッシヴな1台」という欲張りなクルマ。

先日こちらのブログで書いた新型『C5』はとてもコンサバティブな印象でしたが、相変わらず『C-●●●』シリーズを始めとするコンセプトモデルは尖ってます。
外野としては市販モデルにもう少しコンセプトモデルの血を残して欲しいところです。
posted by tunnel at 10:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シトロエン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

ホンダ『インサイトコンセプト』

honda_insite-concept.jpg

ホンダが来年発売を予定している新型ハイブリッド専用車『インサイト』のコンセプトモデルです。

全体の輪郭は丸みを帯びた先代よりも『プリウス』っぽくスクエアになりましたね。
シビックにハイブリッドモデルを設定したりしているホンダですが、現状はトヨタの『プリウス』が一人勝ち。
ハイブリッド専用の新型車はホンダファンならずともメーカーとしても待望されていたはず。
主動力はエンジン、発進加速時などにモーターでアシストするハイブリッドシステムを採用している他、ユーザーが燃費の良さを実感できるようなエコ運転を支援する機能なども導入されるそうです。
ちなみに「インサイト」とは英語で「洞察力」「眼識」という意味で、ハイブリッドカーの本格的な普及という新しい時代の到来を洞察するクルマという意味を込めたんだそうです。
うーん、深いです。

fcx_cra.jpg
同時にホンダは『FCX』〜『FCXクラリティ』という燃料電池車の開発も既にアメリカでリース販売(日本では秋の予定)での利用まできていますから、そちらも非常に気になります。
各種雑誌やwebでの記事をみると"V12エンジンのような静かで滑らかな走行感覚"、"究極の無公害車"などどれも絶賛の嵐ですからね。
posted by tunnel at 13:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

VW『ティグアン』発売!

vw_tig_japan.jpg

何度かこちらのブログで記事にしていた『ティグアン』が国内で9月30日から販売開始されます。

本国ではオフロード走行を視野に入れたグレードと、オンロード寄りのグレードがそれぞれ用意されているそうですが、日本で販売されるのはオフロード寄りの「トラック&フィールド」というグレード。
このグレードはHDA(ヒル・ディセント・アシスト)やスロットル特性の設定をオフロード向きに切り替えるスイッチを搭載していたり、路面とのクリアランスが十分にとられた形状のバンパーを装備しているのが特徴。
エンジンは2リッターTSIのみで、ミッションは6速ATという組み合わせ。
ボディサイズは4460mm×1810mm×1690mm(全長×全幅×全高)。
気になる価格は360万円也。

ライバルは国産でいうと、
『RAV4』 4335×1815×1685
『エクストレイル』 4590×1785×1685
『アウトランダー』 4640×1800×1680

同じドイツ勢なら、
『X3』 4569×1853×1674mm
この辺りでしょうか。
サイズ的には『ハリヤー』や『ヴァンガード』も競合しそうですが、"オフロード走行"というイメージはないですし。
価格的には国産の『RAV4』『エクストレイル』『アウトランダー』の2.0〜2.4リッタークラスが200〜200万円台後半ですから妥当な気はします。
他と比べると『X3』の554万円はちょっと高い気がしますね。

今回日本に入ってこなかったオンロード寄りのグレードは「スポーツ&スタイル」というそうですが、なぜ入れなかったかは謎です。
でも、後から輸入される可能性は高そうです。
日本の欧州車乗りの人でオフロード性能を気にする人ってごく少数だと勝手ながら思うので。
posted by tunnel at 16:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | VW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。