2009年04月30日

GM再編

webCGより:
米ゼネラルモーターズ(以下GM)は2009年4月27日、デトロイトのGM本社で、今後の事業再編について記者会見を行った。そのなかで、ブランド戦略についても触れ、現在北米市場で8つあるブランドを4つに集約することを発表した。「ハマー」「サターン」「サーブ」は2009年中に売却する見通し。そのうち、「ハマー」については、現在複数企業と交渉中だという。「ポンティアック」は2010年末で廃止。残りの「シボレー」「キャデラック」「ビュイック」「GMC」に、企画、開発、マーケティング、広告などの経営資源を集中的に配分する。同社のCEOであるフリッツ・ヘンダーソン氏は「非常に辛い決定だが、経営状態が非常事態である現在、改革の痛みを伴うのは当然だ」と語った。ブランド半減によって、2008年現在6246店あるGMディーラーは減少し、2010年までに3605店になる。今回、廃止が確定した「ポンティアック」は、1926年に誕生した老舗ブランドだ。GMのラインナップのなかでは、「先進、スポーティ、ファッショナブル」をイメージする“華やかな存在”だった。日本では1960年代〜1970年代に登場したマッスルカー、「ポンティアック・ファイアバード」が知られている。1980年代〜1990年代には米国で人気のNASCARレースにシボレーとそろって参戦し、ハイパフォーマンスブランド戦略「GXP」を展開した。だが2000年以降になると、GMグループ全体が、スポーティ路線に傾くようになってしまった。たとえば、キャデラックは、独メルセデス・ベンツのAMGに対抗してハイパフォーマンスなグレード「Vシリーズ」を積極的に展開。また、「サターン」も独オペルに車両開発とデザインを委託した「ヨーロピアンスポーティ」を推し進めた。その結果、「ポンティアック」ブランドの立ち位置が不明瞭となってしまったといえる。GMの今後についてヘンダーソンCEOは、「これからは、カスタマーフォーカス(お客様第一の企業姿勢)で、国際競争力のある企業にしていきたい」とコメント。米連邦政府からの公的資金導入、UAW(全米自動車労組)との労使交渉など、GMは本格的な事業再編に向けて、2009年5月中に難しい局面を乗り越えなければならない。

先日、ヤナセがボルボとクライスラーの新車販売から撤退を決めたりとドイツ車以外の輸入車は国内でもどんどん淘汰されている状況。
色々な国の色々な車の中からマイカーを選びたいという少数のクルマ好きにとっては辛い時代に突入したような。


posted by tunnel at 15:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | GM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

アウディ『A5』にエントリーグレード追加

audi_a5_entry.jpg

お洒落クーペ『A5』に待望のエントリーグレードが追加設定されました。

新しく設定された「A5 2.0TFSIクワトロ」は2リッター直噴ターボエンジンが搭載され最高出力211ps/4300-6000rpm、最大トルクは35.7kgm/1500-4200rpm。
組み合わされるミッションは7段Sトロニック。
一番気になる価格は582万円。 まだ高い。
400万円台半ばのBMW『クーペ320i』のような更なるFFエントリーモデルが欲しいところ。
そうすれば僕のような庶民でも他の全てを犠牲にして思いっきり背伸びすれば届く可能性が出てくるのですが。

【PR】
株のことなら株キッズ
posted by tunnel at 10:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

三菱『アウトランダーGTプロトタイプ』

autrndr_gt.jpg

三菱がニューヨークモーターショーで発表したコンセプトカー『アウトランダーGTプロトタイプ』です。

『アウトランダー』にジェットファイターグリルを付けただけではございません。
エンジン出力アップ、車両運動統合制御システム「S-AWC」の搭載、イタリアOZ社製19インチアルミホイール、イタリアBrembo社製ブレーキなど豪華"走り"の装備が満載。
ボディサイズは全長4665×全幅1800×全高1680mm、ホイールベース2670mm。
エンジンは3リッターV6「MIVEC」エンジンを改良したもの。
組み合わされるミッションは6速AT。

ギャランなどセダン系のジェットファイター顔もカッコイイですが、予想以上にSUVボディにも似合いますね。
ノーマル『アウトランダー』のマスクも悪くないですが、無難過ぎる感はあるので、次のMCを機にこの際『アウトランダー』全部この顔にしても良いのでは。
『デリカD:5』には似合わなそうですね・・・。
posted by tunnel at 14:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

オペル『インシグニア OPC』

opel_insgna-opc_f.jpg

以前こちらのブログで記事にしたオペル『インシグニア』の「OPC」バージョンです。

「OPC(オペルパフォーマンスセンター」シリーズはオペルの高性能バージョンとしてこれまでも『アストラ OPC』『コルサ OPC』などが出ています。
ただ、OPCシリーズはMTオンリーということでオペルの日本撤退以前にも国内販売されていなかったと思います。

この『インシグニア OPC』は2.8リットルV6ターボと6速MTの組み合わせで0-100km/h加速6秒、最高速250km/hのパフォーマンスを発揮。
オペル曰く「ライバルは『S4』」だそうです。

opel_insgna-opc_f1.jpg
正面から見ると『ヴィッツ』ぽく見えなくもないのですが、斜めから見るとカッコイイです。
posted by tunnel at 11:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オペル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

『Sクラス』にもハイブリッド

benz_s_hybrd.jpg

ベンツの『Sクラス』が4年目にしてマイナーチェンジします。

注目はハイブリッドグレード「S400ハイブリッド」の追加設定。
その「S400ハイブリッド」は3.5リッターガソリンエンジンに、モーター、リチウムイオンバッテリーを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。
気になる燃費は16.3km/Lとのこと。
『Sクラス』の重量サイズを考えると立派な数値ですよね。

ただ、この手のクルマに乗る人が燃費を気にするかというと疑問です。
もし、このクラスのクルマを買える人がハイブリッドを選ぶとしたら、それは燃費ではなくイメージを重視してハイブリッドを選ぶのでは。
ハイブリッド=エコ、という。
国産ではレクサス『LS』『GS』、トヨタ『クラウン』『ハリアー』『アルファード』など大きなクルマのハイブリッドって何気にたくさんあるのですが、まだハイブリッドってコンパクトなクルマでしかエコをアピールできていない気がします。
『LS』や『クラウン』サイズのクルマを見てエコをイメージする人は少ないと思うのです。
『Sクラス』や『LS』のような大型セダンでエコをアピールできる方法があるとすればそれはデザインしかないと僕は思います。
posted by tunnel at 09:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メルセデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

6代目『ゴルフ』上陸

golf_new.jpg

日本での6代目『ゴルフ』の発売日が4/14に決まりました。

ワッペングリルとサヨナラした新型『ゴルフ』は随分と大人しく、もしくは大人らしくなった印象。
最近はインパクトのあるグリルが各メーカー増えてきていますから、このVWのスタンダードなグリル及びマスクはある意味新しい流れのような気がします。
もともと主張するブランドではないですしね。
それにしてもグリルってフロントマスクの印象を決めるという点では最重要パーツなのかもしれません。
そう考えるとグリルデザインを各社が試行錯誤するのも頷けます。
僕はこの地味な顔こそVW、とりわけ『ゴルフ』のキャラクターに合っている気がしますし、好きですね。

学生時代、実家で母と共用で乗っていた『ゴルフV』(何気に3ドアの希少モデル)は良いクルマでした。
高速で飛ばしても不安を感じさせないボディ剛性は国産車との違いを一番感じた部分です。
エアコンが効かなくなったり電気系統が若干弱かったですが、まぁ許せる範囲。
フォーマル、カジュアルどんなシチュエーションでも様になるエクステリアは重宝しました。
またいつか『ゴルフ』オーナーになりたいという気持ちはあります。
ただ、今は『シロッコ』の方が気になっていますが。


【PR】

新車オデッセイ最高44万円で購入できる
posted by tunnel at 11:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | VW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

BMW『X6 M』

bmw_x6_m.jpg

『X6』にMシリーズが設定されることになりました。

エンジンは新開発ツインスクロールターボ付きの4.4リッターV8でスペックは最高出力555hp/6000rpm、最大トルク69.4kgm/1500-5650rpm。
0-100km/h加速4.7秒というとんでもなく速いSUVです。
見た目は控え目な『M3』や『M5』よりもMシリーズとして差別化されているので、嬉しい人も多いかもしれません。
ちなみに『X5』にも同じくMシリーズが設定されるのですが、販売するということは需要があるということで、なんだか最近の国内自動車業界の暗い暗いニュースを見たり聞いたりしている自分としては、こんなデカくて速いクルマの登場が不思議な感覚です。
posted by tunnel at 14:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

Kia『Sorento』

kia_sorento.jpg

三菱『アウトランダー』似のKiaの新型『Sorento』です。

日本人には馴染みの無い車名です。僕も全然知りません。
ボディサイズは全長4685×全幅1885×全高1710mmでホイールベースが2700mm。
エンジンは2.4リッター直4、3.5リッターV6のガソリンエンジンと2.2リッターの直4ディーゼル、2.7リッターV6のLPGと4種類。
LPGは韓国のみ、3.5リッターは北米、ディーゼルは欧州及び韓国のみというように市場によって使い分けていくようです。
組み合わされるミッションは5速or6速MT、新開発の6速AT。
本国韓国では2380万〜3615万ウォン(約178万〜271万円、1万ウォン=749円換算)で既に販売開始されています。
今年の後半に欧州および中東、来年北米へ投入とのこと。
来年2010年には韓国で3万台、その他の市場で11万台の合計14万台の年間需要を見込んでいるそうですから、日本人が知らないだけでそこそこ売れているグローバルカーのようです。
posted by tunnel at 15:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他(輸入車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

フィアット『アバルト・チンクエチェント』

ablt-chnk.jpg

『フィアット500』のホットバージョン『アバルト・チンクエチェント(ABARTH 500)』が今月18日から発売されます。
 
エクステリアでは専用のリヤーバンパー、2本出しマフラーにリヤールーフスポイラーなどで後から見れば"ただの500ではない"という雰囲気満点。
エンジンは1.4リッター直4インタークーラー付きターボチャージャーを搭載。
最高出力は135ps/5500rpm、最大トルク18.4kgm/4500rpmを発揮。
しかし!ダッシュボードにある「SPORT」スイッチを押すと、最大トルクが21.0kgm/3000rpm にアップするというこの上なくカッコイイ演出というか機能を備えています。
他にも最適なギヤチェンジのタイミングをLEDの点滅でドライバーに知らせるシフトアップインジケーターなど運転が楽しめる装備が。
お洒落で速くて運転に熱くなれるミニハッチはいかがですか?
価格もなんとか300万円を切る295万円也。


【PR】
証券会社比較なら株キッズ
posted by tunnel at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィアット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

三菱『パジェロ』ショートボディにディーゼル設定

pajero-di.jpg

先日、三菱『パジェロ』のショートボディにディーゼル仕様が追加されました。

先にディーゼル仕様が登場していたロングボディと同じ3.2リッターコモンレール式ディーゼルエンジンを搭載。
吸音材や遮音材を使って騒音対策もなされているとのこと。
内外装はガソリン仕様と同じですが、バックドアーには専用エンブレム「DI-D」が。
クロカンショートボディに3.2リッターディーゼルエンジン、国産唯一無二の存在が誕生です。
ターゲットがものすごく絞られそう。
っていうかどんな人が買うのかなぁ。興味あります。
posted by tunnel at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

ついに新型『レガシィ(北米仕様)』登場

new_regacy-usa.jpg new_regacy-usa_r.jpg

今月開催のニューヨークショーにいよいよ新型『レガシィ』が出展されます。
先日こちらのブログで記事にした『レガシィ・コンセプト』を忠実に市販化モデルにした姿ですね。

北米仕様とのことなので国内仕様と若干異なるかもしれませんが、国内モデルも画像の北米仕様と大きなズレはないものと思われます。
第一印象は『アコード』のときと同じく"立派になったなぁ"という感想。
サイズは全長4735mm×全幅1820mm×全高1505mm、ホイールベースは2750mm。
このままのサイズで国内仕様として販売されることは考えにくいので『アテンザ』のように北米仕様と国内及び欧州仕様を分けるのではないでしょうか。
(現行モデルが出た当初も3ナンバー化される全幅1700mmをついに超えた、と話題になったくらいですから1820mmでは出さない気がします)
個人的には厚ぼったい新型のエクステリアにはちょっとガッカリ。
期待してたんですが・・・。

【PR】

子供ドレス、フォーマルドレス、スーツなど、かわいい商品がお値打ち価格で揃っています♪
posted by tunnel at 15:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。