2009年07月27日

ボルボ『V70R』を友人が購入

volvo_v70_t5.jpg

先日、友人がボルボ『V70R』を中古で購入しました。

"若者の車離れ"は自分の友人達の間でも例外ではなく、一人暮らしの友人の多くはマイカーを所有する気がありません。
マイカーを持っているのは実家暮らしの友人がほとんど。
実際東京に住んでいると維持費や電車の便利さに比べるとマイカーの存在意義というのは趣味性を持って所有できる人くらいしか見出せないのかも。

そんな中で久しぶりに周りの友人でマイカー購入者が出たので嬉しく思います。
まだ見せてもらっていないのですが、運転させてもらいたい!
早く愛車の自慢話でも聞きにいかないと。
「R」グレードなので結構楽チンに飛ばせそうです。


posted by tunnel at 12:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボルボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

スバル『インプレッサ WRX STI spec C』

subaru_inp_spe-c.jpg

スバル『インプレッサ』に新グレード「WRX STI spec C」が追加設定されました。

エンジンは「WRX STI」のものを改良したもので、ターボのタービン部分にボールベアリングを採用してターボラグを極限まで減らしたとのこと。
足まわりも専用のサスペンション。
アルミホイールは18インチ鋳造アルミホイール。
ブレーキはゴールドにペイントされたのブレンボ製。
また、アルミ製ボンネットや小型軽量バッテリー、薄型フロントガラスやサイドガラスの採用、スペアタイヤ→パンク修理キットに置き換え、後席カップホルダーやアームレストをオミット、フロアマットを肉薄にするなどして約70kgのボディ軽量化が成されているそうです。

黄色いボディカラーがカッコイイなぁ。
そういえば、このクラスで黄色い車って今ないですよね。
『フィット』や『ヴィッツ』『マーチ』とか数売れるクルマには選べる色がたくさんあるけど、その上になるとほとんど白、青、灰、黒からしか選べませんからね・・・。
黄色い『アルテッツァ』や『ステージア』を街中で見かけるといいなぁと思います。
あ、『フェアレディZ』には今も黄色ありましたっけ?

価格は18インチタイヤ仕様が368万5500円。
競技使用が前提となる17インチタイヤ仕様は337万500円。

『レガシィ』『インプレッサ』って定期的にこういった気合の入った硬派な仕様が設定されるので羨ましいです。
なかなか国産メーカーでこういったグレードを追加するところないですよね。
マツダも『アテンザ』なんかにこういった特別なグレード設定してくれませんかね。
(マツダスピードモデルは2代目では出なさそうだし・・・)
posted by tunnel at 18:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

ホンダ(Acura)『ZDX』

honda_zdx.jpg

honda_zdx_r.jpg

ホンダが今年秋にアメリカで発売予定のアキュラ『ZDX』です。

スペーシーなルックスは以前実家で乗っていた『will VS』を思い出します。
後ろのドアハンドルがないと思ったらリヤーピラーの所に付いているそうで。
これはアルファロメオやセアト『Leon』みたいでいいですよね。
ホンダ曰く「4ドアクーペ」とのこと。
クーペと言われると違和感を感じますし、フロントデザインはなんだか雑というかプロトタイプ的な感じが抜けず好みではありませんが、上のリアークオータービュー画像はカッコイイと思います。

エンジンは3.7リッターV6のSOHCエンジン。
それにパドルシフト付6速ATの組み合わせ。
そして『レジェンド』でお馴染みの4輪駆動力制御システム「SH-AWD」も搭載。
日本でもホンダブランドで遅れて販売されるのでしょうか。


【PR】

バイク買取
posted by tunnel at 16:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

日産『スカイライン クロスオーバー』

skylinexovr.JPG

『スカイライン』の大きく、そして背を高くしたオールラウンダーなモデル『スカイラインクロスオーバー』が発売されました。
既に『インフィニティEX』として欧米で販売されているモデルです。
先代『ムラーノ』も海外で人気を博して国内導入となりましたが、こういったお洒落な和製SUVというのは割とすんなり国内導入してくれている気がします(マツダの『CX-7』とか)。
が、個人的にはコレを入れるよりも『マキシマ』を日本で販売して欲しかったなぁ。
なんとなく『レガシィアウトバック』や『オールロードクワトロ』と近い感じのするクルマです。生い立ちが。
クルマのジャンルとしては違うのでしょうけど。
(『レガシィアウトバック』のようにアウトドアな香りは全くしません)

skylinxover_in.jpg
丸めのエアコン送風口とかのデザインは好みではないのですが、レザー素材を一面に採用したインテリアは豪華!
レクサス『RX』よりも若干お手頃な『スカイラインクロスオーバー』はいかがでしょう。
こっちの方が速そうですよ。

【PR】
証券会社を徹底比較!
posted by tunnel at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

トヨタのハイブリッドをマツダが

ロイター通信より:
トヨタ自動車<7203.T>がマツダ<7261.T>に対し、ハイブリッド技術を供与する方向で両社が協議していることが明らかになった。関係筋が16日、ロイターの取材に答えた。マツダは内燃機関の技術向上で燃費の改善を目指しているが、トヨタから技術供与を受けることで、2010年代の早期にハイブリッド車をラインアップに加える。トヨタにとっては、量産効果でハイブリッドの生産コストを引き下げるメリットがある。

これはビックリなニュースです。
マツダがハイブリッドの分野で国内メーカーの中では遅れを取っている(最下位?)のは素人の僕でもわかりますので、スピーディーに信頼性の高いハイブリッド技術を手に入れられるという意味では非常に効率的な手段である気がします。
ただ、他社ハイブリッドに頼るだけでは生き残れないと思うのです。
水素ロータリーやクリーンディーゼルなどマツダ製"エコな"エンジン開発が停滞しないことを願います。


【PR】
【楽天の保険】自動車保険!簡単資料請求!
posted by tunnel at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウディ『A5スポーツバック』のSライン

a5sb-s.bmp

先日こちらのブログで紹介した『A5スポーツバック』の「Sライン」が本国でノーマルモデルと共に発表されました。

1回、2回見ただけでは余程のアウディ好きでないとノーマルモデルとの違いはわからないのでは。
アウディらしく「S」が付こうがいつも通り控えめなルックス。
でも赤が似合うのは「S」だったり「Sライン」なのが不思議。
赤いアウディ、いいですね〜。

s4_old.jpg
先代『S4(前期)』の赤、かなり好きです。
中古なら無理すればギリギリ手の届く価格帯であります。
ただし、維持費が怖い・・・。
posted by tunnel at 15:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

プジョー『』市販化決定!

p_rcz.jpg

以前こちらのブログで記事にした『308RCZ』の市販化が決まりました。

市販モデルは名前が『RCZ』となるようです。
来年春頃には発売とのことなので、日本にも秋までに入ってくると嬉しいですね。
詳しい情報はまだわかりませんが、限りなくコンセプトカーに近いデザインで出てきそうです。
これは楽しみ。

【PR】

パウスカート・フラ用品のことならフラショップマリレイへ!
posted by tunnel at 13:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レクサス初ハイブリッド専用モデル『HS250H』

l_hs250h.jpg

レクサス初のハイブリッド専用モデル『HS250h』が発売開始されました。

ボディサイズは全長4700mm×全幅1785mm×全高1505mmでホイールベースは2700mmで車重は1640kg。
ハイブリッドシステムは2.4リッター(150ps/6000rpm、19.1kg-m/4400rpm)のアトキンソンサイクルエンジンにモーター(143ps・27.5kg-m)、リダクションギアを組み合わせて低燃費化を実現したもの。
システム全体で190psの最高出力を発生するとのこと。
『プリウス』や『インサイト』よりも1つ上のクラスとしても初のハイブリッド専用車。
燃費性能は23.0km/Lということで『プリウス』『インサイト』程のインパクトはありませんが、サイズと車重を考えると立派。
個人的にはラゲッジにゴルフバッグを4個収納できるというのが魅力ですね。
これまでのハイブリッド専用モデルは荷室の狭さがネックでしたから。

気になるお値段はベースモデルの「HS250h」が395万円、「versionS」が415万円、「versionI」が453万円、「versionL」は535万円。
レクサスのハイブリッドが400万以下というのはもしかしたらお買い得なのかもしれませんが、後にトヨタブランドからこの『HS250H』ベースで70万程お安くしたモデルも出るそうなので余程レクサス好きでなければとりあえず"待ち"でしょうね。


【PR】

駄菓子、イベント用品、おもちゃを卸値価格で販売。
posted by tunnel at 13:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(16) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

ジャガー新型『XJ』

jaga_new_xj_01.jpg

ジャガーの最高級サルーン『XJ』の新型が発表されました。

以前こちらのブログで記事にした『XF』はこれまでのジャガーの4ドアの印象からかけ離れた若々しいスポーティなデザインとなりましたが、この新型『XJ』も現行から一気に飛躍した感じ。
『XF』を大きくエレガントにした印象。
フロントフェイスはよく似た両車ですが後ろから見るとデザインは大分違います。
アストン風だった『XF』に対して新型『XJ』は縦長LEDテールランプ。

ボディタイプはショートとロングがあり、それぞれ、

ショートボディ:全長5123×全幅1895×全高1448mm
ロングボディ:全長5248×全幅1895×全高1448mm

また、アルミボディ構造を採用していて軽量かつ高剛性なサルーンとなっているとのこと。
これによりライバルとなる『Sクラス』や『7シリーズ』と比べると約150kg軽いそうです。
エンジンはガソリンが直噴5リッターV8スーパーチャージャーとそのデチューン版、直噴5リッターV8NA、ディーゼルが3リッターV6ツインターボ。
既に欧州では予約受付が開始されていて、本国イギリスでの価格が5万2500ポンド(約796万円)から。

最近、ようやく『XF』を街中で見かけるようになりましたが、間近で見るとかなりカッコイイです。
カタログ等で見るよりもずっと大きくて。
この新型『XJ』も早く日本で見れる日が来るのが楽しみです。


【PR】

新鮮コーヒー豆の通販
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ボルボ『XC60 R-Design』

volvo_xc60-r_f.jpg

volvo_xc60-r_r.jpg

ボルボが本国にて『XC60』のスポーティーパッケージ「R-Design」を発表しました。

以前こちらのブログで記事にしたときも書いたのですが、個人的に新型『XC60』の顔が好みではありません。
それはこの「R-Design」のエアロを纏っても変わりません。
"アク"が強くなってボルボらしい「上品で大人しい」という印象がこの顔からは受けないのです。
変に曲線的になってしまい、一言で表すと「ふにゃふにゃ」。
現行『S80』とかはすごくカッコいいのに残念。
『S80』の顔は無理としても、せめて『XC90』を小さくした感じで良かったのでは?


【PR】

安い中古車・新車のサンキョウ
posted by tunnel at 16:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボルボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

BMW『X5 M』&『X6 M』登場

bmw_x6-m.jpg

BMWが『X5 M』と『X6 M』の注文受付を開始しました。
(画像は『X6 M』)

『X6 M』は以前こちらのブログで記事にしたこともあるのですが、セダンorクーペとはまた違ったMシリーズの誕生です。
このイカついエクステリアはポルシェ『カイエン』と並んでも引けをとらない気がします。


気になる価格はそれぞれ、

BMW X5 M:1440万円
BMW X6 M:1490万円

ターゲット顧客はどの辺なのでしょうか。
posted by tunnel at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

BMW『X1』

bmw_x1_001.jpg

BMWが本国で概要を発表した新型モデル『X1』です。

ボディサイズは全長4454mm×全幅1798mm×全高1545mmでホイールベースが2760mm。
『1シリーズ』のSUVバリエーションとはいえ、サイズ的には『3シリーズ』寄りの大きさ。
日本国内ではこの『X1』のサイズは好まれるでしょうね。
先日こちらのブログで記事にしたアウディ『Q5』を購入しようか考えている人にとってはもしかしたら気になるクルマになるかもしれません。
「カッコイイ輸入SUVが欲しいけどそんなに大きいのは必要ない」という人にはアリなBMWです。
欧州では年内発売予定とのこと。

後発ということもあり、画像だけ見ると『X3』よりも車格が上のように感じます。
フェイスが新型『7シリーズ』に似ているから余計高級に見えるのかも。
実際に『X5』と並べるとサイズがだいぶ違いますからそんなことはないのでしょうか。
(『X3』のサイズが全長4585mm×全幅1855mm×全高1675mm)

【PR】
コピー機をとにかく安く購入する!コピー機ドットコム
posted by tunnel at 17:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。