2012年09月08日

VW『新型ゴルフ』

newgolf2012.jpg

9月4日、フォルクスワーゲンが本国ドイツ、ベルリンで新型『ゴルフ』を発表しました。

ゴルフらしく、派手さはないし、キープコンセプトなのですが、カッコ良く思えるのはさすが世界のベンチマークと言ったところでしょうか。
ボディサイズはロー&ワイドに拡大し、全長4255mm全幅1799mm全高1452mmホイルベースは2637mm。
現行モデルと比べると全長は+56mm、全幅は+13mm、全高は-28mm。
飛ぶ鳥落とす勢いのVWグループ、そろそろボディサイズを大きくするよりも同じサイズで安全性を高める技術開発を他メーカーに先駆けてやってもらいたいですね。

2種類のガソリンエンジンは、いずれも直噴直列4気筒ターボの「TSI」で、排気量に応じて、「1.2TSI」と「1.4TSI」を設定。
新型「1.4TSI」は、最大出力は現行の122psから140psへパワーアップ。
なのに、欧州複合モード燃費は20.83km/リットル、CO2排出量112g/kmで、現行型のそれぞれ16.13km/リットル、144g/kmを3割近く上回る環境性能になっているというので驚き。

気が早いですが、「GTI」の画像も待ち遠しいですね。


posted by tunnel at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | VW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。