2008年09月12日

タイの新型『シティ』

honda_city_2008.jpg

タイで生産&販売されている『シティ』の新型が発表されました。

ホンダ『シティ』と言えば1981年〜1993年までの間、日本で販売されたコンパクトカー。
ところが、日本での生産が終了していた1996年にHATC(ホンダ・オートモービル・タイランド・カンパニーリミテッド)がタイを含むアジア市場向けに同じ『シティ』という車名で新たなコンパクトセダンを発売。
現在までにアジアを中心とする7カ国で生産、100万台以上が販売されているとのこと。
そして現在、日本には『フィット・アリア』として輸出しているというのも初めて知りました。
『フィット・アリア』って逆輸入モデルだったんですか・・・。

そして今回の新型ですが、顔は『エアウェイブ』もしくはイギリス生産されている『シビック3ドアハッチ』っぽく結構アグレッシブ。
僕としてはコンパクトセダンとしては『ドマーニ』や『トルネオ』みたいな落ち着いているけど若干スポーティな顔ってのが理想なのですが。
最近のホンダはどのモデルも結構尖ってますからね。男性向けというか。
この新型も『フィット・アリア』として入ってくるのでしょうか。

honda_city_old.jpg
日本人にはやっぱり『シティ』と言えばこっちですよね。


posted by tunnel at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。