2008年03月22日

アウディ新型『A4』

new_a4_f_08.jpg

先日国内で発表された新型『A4』です。

サイズは全長4705mm×全幅1825mm×全高1440mm。
永遠のライバル『Cクラス』『3シリーズ』と比べると、

4705×1825×1440(mm)←A4
4585×1770×1445(mm)←Cクラス
4525×1815×1424(mm)←3シリーズ

長さ、幅、高さ、全てにおいて1番大きなクルマになりました。
この数字を見ると3シリーズの全長の短さが目立ちますね。

ライバルと言われている3車ですが、サイズ見ると意外と差別化されてます。
現行『ウィッシュ』と先代『ストリーム』みたいな"潰し合い"のライバル関係ではなく、お互いの特徴を出し合い競いライバル関係なんですね。

そんな大きくなった『A4』ですが、素材やエンジンの改良によって軽量化されているそうでサイズアップに伴う重量増は気にしないでいいようです。
エンジンは1.8リッターL直噴ターボと3.2リッター直噴エンジンの2種類。
1.8リッターにCVT、3.2リッターには6速ATがそれぞれ組み合わされます。
アウディのCVTとういと『A4カブリオレ』のを思い出しますが、6速ATでないのはなんでなのでしょうかね。
クーペモデルの『A5』が出たばかりですが、それに劣らずお洒落なルックスで登場した売れ筋『A4』発売でアウディのディーラーは賑やかになりそうです。
輸入車ディーラーの敷居が高く外から眺めるだけの小心者の僕はもう少し出世してから見に行きます。


posted by tunnel at 13:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。