2009年10月25日

レクサス『LFA』

l-lfa_f.jpg

今年の東京モーターショーで公開されたレクサス『LFA』のプロトタイプです。

カーボン製軽量ボディに4.8リッターV10エンジンをミッドシップに積む和製スーパーカー。
発売は来年2010年で世界限定500台、日本での価格は3750万円位とのこと。
ボディサイズは全長×全幅×全高が4505×1895×1220mm。
車両重量は1480kg。
気になるエンジンはレッドゾーンが9000rpmからという高回転型で最高出力560psを8700rpmで発生。
且つ3700rpmから9000rpmで最大トルク48.9kgmの90%を発生させる優雅(?)な一面も。
この素晴らしいスペックのエンジンに組み合わされるのは6段マニュアルをベースに変速を自動化した「ASG(Automated Sequential Gearbox)」というもの。
なんだかVWの「DSG」みたいな名前ですがどんな構造のミッションなんでしょうか。

長い年月をかけてようやく市販化モデルの姿が露になった『LFA』ですが、カッコイイですね。
なんだかこれまでの開発中の間は後姿は文句無しって感じだったのですが、顔はとてもじゃないけどカッコイイとは言えないものだったので、このプロトタイプの顔を見てなんだかホッとしちゃいました。
せっかくのスーパーカー、性能と同じくらいかそれ以上にルックスは大事だと思うので。


posted by tunnel at 07:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

レクサス初ハイブリッド専用モデル『HS250H』

l_hs250h.jpg

レクサス初のハイブリッド専用モデル『HS250h』が発売開始されました。

ボディサイズは全長4700mm×全幅1785mm×全高1505mmでホイールベースは2700mmで車重は1640kg。
ハイブリッドシステムは2.4リッター(150ps/6000rpm、19.1kg-m/4400rpm)のアトキンソンサイクルエンジンにモーター(143ps・27.5kg-m)、リダクションギアを組み合わせて低燃費化を実現したもの。
システム全体で190psの最高出力を発生するとのこと。
『プリウス』や『インサイト』よりも1つ上のクラスとしても初のハイブリッド専用車。
燃費性能は23.0km/Lということで『プリウス』『インサイト』程のインパクトはありませんが、サイズと車重を考えると立派。
個人的にはラゲッジにゴルフバッグを4個収納できるというのが魅力ですね。
これまでのハイブリッド専用モデルは荷室の狭さがネックでしたから。

気になるお値段はベースモデルの「HS250h」が395万円、「versionS」が415万円、「versionI」が453万円、「versionL」は535万円。
レクサスのハイブリッドが400万以下というのはもしかしたらお買い得なのかもしれませんが、後にトヨタブランドからこの『HS250H』ベースで70万程お安くしたモデルも出るそうなので余程レクサス好きでなければとりあえず"待ち"でしょうね。


【PR】

駄菓子、イベント用品、おもちゃを卸値価格で販売。
posted by tunnel at 13:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(16) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

レクサス『HS250h』

lexsus_hs250h.jpg

先日発表されたレクサス初のハイブリッド専用モデル『HS250h』です。

ボディサイズは全長4695mm×全幅1785mm×全高1505mm。
ホイールベースは2700mmとおよそ新型『プリウス』と同じサイズ。
0〜60マイル/h(約96km/h)加速8.4秒、最高速度180km/hと動力性能もレクサスとして恥ずかしくないものとなっていますが、その分燃費性能は、EPA(米国環境保護局)基準においてシティモードが14.8km/リッター、ハイウェイモードは14.4km/リッター、複合モードは14.8km/リッターと正直微妙な印象を受けます。
まぁ、『プリウス』や『インサイト』と比べてはいけませんかね・・・。
装備面では新型『RX』で初採用されたリモートタッチ・コントローラーを備えた次世代ナビゲーションシステムや、エコドライブインジケーター、ワイドビューフロントモニター、有機LEDマルチインフォメーションディスプレイ、3本スポークレザーステアリング、レザーシート、運転席10ウェイ・助手席8ウェイ・パワーシート、10スピーカーのレクサス・プレミアム・オーディオなど「これでもか」という感じに豪華。
こういう豪華装備のハイブリッド専用車が欲しかったんだという人もいるのかもしれません。たのでしょうか。
どうしてもハイブリッド専用となると今のところ車両価格値下げが激化していますから、装備もおのずとシンプルになっていますよね。

アメリカでは2010年モデルとして今年の晩夏に発売予定で、おそらく日本市場にもほぼ同時期に導入されるそうです。
気になるのはその価格ですが『インサイト』対策で新型『プリウス』を予定よりも大幅な値下げを敢行したので、こちらでは薄利多売はやらないでしょうから、間違いなく庶民からすると「うわっ」って感じのプライスタグがぶら下がるでしょう。

【PR】

駄菓子、イベント用品、おもちゃを卸値価格で販売。
posted by tunnel at 16:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

レクサス『RX』

lexus_rx.jpg

国内で『アルテッツァ』が『IS』に生まれ変わったのに続いて『ハリアー』は『RX』となりました。

ただし、現行『ハリアー』(2.4リッターとハイブリッドモデル)もしばらく併売されるそうです。
個人的には『ヴァンガード』で『クルーガー』&『ハリアー』の顧客をカバーできるような気がしますが。
『ハリアー』指名買いのお客さんていうのは依然多いのでしょうか。
レクサスになって価格帯が結構上がってしまったので『ハリアー』→『RX』という乗り換え需要は『アルテッツァ』→『IS』と同じく厳しそう。
グレード展開がV6モデルからとなると400万円台後半からという価格帯は仕方ないのでしょうが。やっぱり高い。
せっかく国内展開したけど、メーカーの目線は常に海外へ向いてる。
そんな気がします・・・。
posted by tunnel at 16:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

レクサス『IS250C』

lexus_is250c.jpg

パリモーターショーでお目見えした『IS』のオープンモデル『IS250C』です。

電動開閉式のアルミルーフは20秒で開閉共にこなすとのこと。
ドアは4枚から2枚となっていますが、基本的なスタイルはクローズドモデルと同じように見えます。
実際にはフロントウィンドウの角度などオープン時の風巻き込みなどを計算して変更されているそうですが。
国内では来年春の発売予定。

lexus_is250c_golf.jpg
クローズド時でもゴルフバッグ1個収納可。
雨の日のラウンドは一人で行くか現地集合で。

気になるのはこの『IS250C』って『SC』と割と近いキャラクターだと思うのですが、『SC』後継車というのは当分出ないということですかね。
posted by tunnel at 15:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

レクサス『IS-F』発表

lexus_is-f_blue.jpg

レクサス初のハイパフォーマンスカー『IS-F』が正式に発表されました。

この『IS-F』の"F"はホームサーキットである富士スピードウェイの頭文字に由来するそうです。
速度域に応じたエンジン音が得られるように吸気口などに工夫を凝らしたということでフェラーリのように"音"でも魅せてくれるようです。

423psの5リッターV8エンジンと8速ATを搭載した国産スーパースポーツの価格は766万円。
ライバル本命の新型『M3クーペ』が996万ですから少なくとも国内では価格において明確なアドバンテージを取れているわけで、あとは走りの性能がどんなものか。

おそらく様々な媒体で"『IS-F』VS『M3』"のという特集があるでしょうから、今から楽しみです。
posted by tunnel at 16:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

レクサスのディーラーへ行ってきました

lexus_dealer.jpg

先週の日曜日、レクサスのディーラーへ行ってきました。
もちろん初めて。友人の付き添いで。
レクサス日本導入時にメディアを騒がした過度な"おもてなし"は特に感じませんでした。
まぁ、僕らが若輩者だったというのもあると思いますが。

何気に友人が試乗した『LS』の後部座席にも乗ってきました。
アイドリング時は噂通り恐ろしいくらい静かでした。
分厚いドアやルーフのせいか運転席に座ってもそれほど大きな車という印象はありませんでした。
外から見るとすごく大きい(実際に大きいのですが)のに。

試乗後、友人が『LS』についてディーラーの人に話している間に、僕はずっと展示車の『IS』を見ていました。
キャラクター的に一番惹かれるのはやはり『IS』でしょう。僕の場合。
posted by tunnel at 14:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

レクサス『LX570』

lx_570_f.jpg lx_570_r.jpg

日本では"ランクル(シグナス)"でお馴染みレクサスの旗艦SUV『LX』の新型です。

新型は5.7リッターのV8DOHCを搭載して『LX570』を名乗ります。
その5.7リッターエンジンは、381馬力/55.3kgmを発揮、新開発のシーケンシャル6速ATと組み合わされるとのこと。
トルクは2000回転でその90%を発揮するということでかなり扱いやすそうです。
エクステリアはフロントフェイスがは『LS』風になりました。
そのせいかあまりサイズ以外の印象はおとなしめ。
現行モデルは多少はオフロードを走っても似合いそうなルックスでしたが、新型は優雅に広い道をクルージングというのが似合いそうです。
posted by tunnel at 15:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

LEDヘッドランプ量産化→レクサス『LS600h』へ搭載

ledheadlamp.jpg

小糸製作所が白色LEDを採用した世界初のLEDヘッドランプを開発したとのこと。
トヨタ自動車が4月に発売するハイブリッドカーのレクサス『LS600h』に搭載されます。
最近では赤色LEDのブレーキランプが標準で付いている車が増えて来ましたが、今後はコストの問題もあるとは思いますが、この白色LEDを使ったヘッドランプ搭載車がユーザーの反応次第で増えていくかもしれません。

僕ももし選べるならリヤーランプの類はLEDを選びますね。
「消費電力が少ない」「長寿命」ということが最大のメリットであるLEDですが、見た目もカッコイイというのが個人的にLEDに惹かれる点です。
ヘッドライトに関してはハロゲンは別としてディスチャージ、キセノというのが今はありますので、なかなか難しいところ。
LEDというと輝度は十分なのですが、広範囲と照らすというイメージはないですから。
その辺は色々な技術を駆使して量産化でしょうから、実際に夜走っている『LS600h』を見てみたいと思います。
posted by tunnel at 10:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

レクサス『LS』発進!

ls.jpg
ついにレクサスの旗艦『LS』の販売がスタートしました。

去年、鳴り物入りで日本でスタートしたレクサスでしたが、販売台数はここまでのところ目標の約半分とのこと。
やはり国内ではドイツ勢を筆頭に輸入車の牙城を崩すのは容易ではないようです。
そんな状況をこの『LS』が打破することはできるのでしょうか。
「8速AT」「ハイブリッド」など明確なアドバンテージがあるので期待できるのでは?
僕なんかでは全く予想がつきませんが、この『LS(セルシオ)』という車種はレクサス及びトヨタにとって特別なモデルであるのは事実。
そういう意味では「レクサス=LS」と言っても過言ではないはず。
その点、ライバルには「メルセデスベンツ=」、「BMW=」という車種ってない気がします。
だからこの『LS』のセールスはものすごく重要なはず。
逆に言えばこの『LS』がコケたりすると、国内でレクサスは厳しいかも。

ただ、競合する既存分野でのブランド確立には時間がかかるもの。
長い目で見ないとわかりませんよね。
posted by tunnel at 16:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

レクサス『LS600h L』

lexus_ls600h_01.jpg

レクサスのフラッグシップ『LS(セルシオ)』の最上位グレード『LS600h L』です。
ニューヨークショーでついに登場しました。

パワートレインは5リッターのV8エンジンに、電気モーター、ニッケル水素の2次バッテリーを組み合わせたハイブリッドシステム。
W12並みの力に、V6レベルの燃費性能を両立しているとのこと。
具体的には最高出力は430ps以上(トルク値は未発表)、燃費の推測値は、8.5〜10.5km/L(市街地/高速の複合モード)。
ハイブリッドはトヨタというより日本の誇りと言える完成度の高いものになりましたね。

欧州ライバル車のグレード設定での"V8とW12"の差はレクサスの"V8とハイブリッド"とは全く違う気がしてしまします。
『A8』ならばV6とV8で悩むところで、12気筒には手を出す人はほとんどいないと思います(全く僕の想像ですが・・・)が、『LS』ならばハイブリッドを候補に入れる人も結構な割合で出てくるような気がします。
posted by tunnel at 17:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

「レクサス」オープン!!

8月30日です。

いよいよ「レクサス」オープンの日を迎えました。
現在8:30AMを少し回ったところですが、数時間後には各地のレクサス店が開きます。

行ってみたいけど、やっぱり少し敷居が高いですねぇ。

しかし、ユーザーにこういう印象を持たせるというのは高級車ブランドを目指すトヨタとしては狙い通りと言えるのではないでしょうか。

"誰でも気軽に遊びにいける"というのは目指していないのですから。
(そこは「トヨタカローラ」や「メッツトヨタ」の役割)

今後のメルセデス、BMW、アウディ他との戦いに注目したいと思います。
そしてその戦いの経過には日産(インフィニティ)、ホンダ(アキュラ)も少なからず関心があるのではないでしょうか?
posted by tunnel at 09:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

レクサス、オープンまで1ヶ月!

GS_01.jpg

8月30日、いよいよレクサス店が開業しますね。


現在発表されているのは、

・GS(アリスト後継車)
・IS(アルテッツァ後継車)
・SC(ほぼ現行ソアラ)

僕が気になるのは『GS』です。
フロントのヘッドランプの造形がお気に入りです。
コレでアリスト後継というのが一目でわかります。
現行アリストのフロントは全然カッコいいと思わないですが・・・。
デザインて不思議です。

『IS』は個人的にはガッカリ。
ゴツゴツし過ぎていて流麗な『GS』とは全然違います。
速い車なのに速そうに見えない・・・。
すごく期待していたのに残念。

『SC』は『ソアラ』そのまんまですね。
ので、『SC』に関しては新規顧客獲得は難しいんじゃないでしょうか。
ライバルにはBMW『Z4』、アウディ『TT』、ベンツ『SLK』と魅力的なモデルが充実していますから。
posted by tunnel at 16:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。