2010年12月05日

日産『リーフ』

nissan_reef.jpg

いよいよ日産から走行中にCO2を全く排出しない電気自動車『リーフ』が今月発売されます。

 
大容量リチウムイオンバッテリーと、モーターの組み合わせでフル充電で200kmの走行が可能とのこと。
また、アクセルを踏んだ瞬間から瞬時に最大トルクを発生するモーターの特性を生かし、中低速では3リッターガソリン車並みの加速が可能で、更に最高速度は145km/hを達成しているそうで、そうなるとガソリン車と実用性では十分に対抗できるイメージです。
価格は300万円後半からとなっていますが、補助金制度を使って実負担は300万円〜となるようなのでいよいよハイブリッドに続いてEVも一般の人に届く日が来たんですね。
あとは充電設備のインフラがどんな具合に進んでいくのか。
街乗りメインであれば現在のディーラー網だけで必要十分でも、やはり遠出となると不安な印象もあり、少しユーザーレビューを待ってからと人は多いでしょうね。
でもハイブリッドがこれだけ浸透している今ならEVもあっさりと溶け込んでいくのかもしれません。

それにしてもこのグリルのないツルッとした顔をみると「未来の車」って感じですね。


posted by tunnel at 18:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

日産『ジューク』

nissan-juke.jpg

昨年こちらのブログでも記事にしたコンセプトカー『カザーナ』の市販モデル『ジューク』です。

エンジンは1.6リッターNAと新開発1.6リッターターボの2種類と欧州用のディーゼル。
爆発的に売れるカテゴリの車ではありませんが、若者の手の届く価格帯でこのデザインはひょっとしたら兄貴分『デュアリス』みたいな小さなヒットになるのでは。
僕も是非生で見てみたいと思うクルマです。

jukein.jpg
インテリアは最新の日産が得意とする丸を基調としたもの。
個人的にもっと角々していてメカっぽい内装が空きですが、エクステリアにはばっちり合ったデザインですよね。

【PR】

O脚矯正、X脚、XO脚、はスタイレックスで治す台東区の癒楽へ
posted by tunnel at 10:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

日産次期『フーガ』

nissan_new_fuga.jpg

日産の次期『インフィニティMシリーズ(フーガ)』です。

現行モデルと比較するとかなり丸っこくなりましたね。
そして『スカイライン』とそっくりの顔。
一昔前だと国産車は同じメーカーでもみんな別物の顔をしていましたが。
『セドグロ』と『スカイライン』がここまで近い形になるとは。
ブランド性を高めるためラインナップする車をデザイン上統一化する欧州化の流れがマツダを筆頭に国産自動車メーカーに浸透していますが、気になるのはマツダほど徹底していないせいか、単に"『スカイライン』の大きい版"と見えてしまう気がします。
スポーティセダンは『スカイライン』に任せてもっとラグジュアリー(大人しい)で保守的なデザインが『フーガ』のターゲットに合っているのではないでしょうか。

【PR】
【楽天の保険】ペット保険!簡単資料請求!
posted by tunnel at 17:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

日産『スカイライン クロスオーバー』

skylinexovr.JPG

『スカイライン』の大きく、そして背を高くしたオールラウンダーなモデル『スカイラインクロスオーバー』が発売されました。
既に『インフィニティEX』として欧米で販売されているモデルです。
先代『ムラーノ』も海外で人気を博して国内導入となりましたが、こういったお洒落な和製SUVというのは割とすんなり国内導入してくれている気がします(マツダの『CX-7』とか)。
が、個人的にはコレを入れるよりも『マキシマ』を日本で販売して欲しかったなぁ。
なんとなく『レガシィアウトバック』や『オールロードクワトロ』と近い感じのするクルマです。生い立ちが。
クルマのジャンルとしては違うのでしょうけど。
(『レガシィアウトバック』のようにアウトドアな香りは全くしません)

skylinxover_in.jpg
丸めのエアコン送風口とかのデザインは好みではないのですが、レザー素材を一面に採用したインテリアは豪華!
レクサス『RX』よりも若干お手頃な『スカイラインクロスオーバー』はいかがでしょう。
こっちの方が速そうですよ。

【PR】
証券会社を徹底比較!
posted by tunnel at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

インフィニティ『エッセンス』

nissan_es_f.jpg

nissan_es_r.jpg

インフィニティの北米進出20周年を記念して企画されたスポーツカー『エッセンス』です。

正面から見れば今時の"ゴツめ"ですが、サイドから見れば長いノーズと小さく低く構えたキャビンの古き良きスポーツカースタイル。
日産でこのスタイルというと昔の『フェアレディZ』を思い出します。
若き日の父親が乗っていた『フェアレディZ』。
posted by tunnel at 14:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

日産『Qazana(キャザナ)』全貌

nissan_gaza.jpg

先日こちらのブログで記事にした日産の小型クロスオーバーコンセプト『Qazana(キャザナ)』の全体画像が公開されました。

一部画像が公開されたときには『マーチ』みたいなこと書いてすいませんでした。
全く別物デザインですね。『デュアリス』とも別物。
でも一部画像を見たときにイメージしていたよりも断然魅力的なエクステリア。
この画像だとすごく立派な体型に見えますが、サイズは全長4060mm×全幅1570mm×全高1780mmとのこと。
コンパクトですね〜。
実際のタイヤはわかりませんが、この画像だとタイヤがすごく大きく見えてカッコイイです。

gaza_f.jpg
正面から見ると更に大きな車に見える。
なんか"船"みたい・・・。

【PR】
証券会社比較なら株キッズ
posted by tunnel at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

日産『Qazana(キャザナ)』

nissan_qazana_tiz.jpg

日産が今年のジュネーブモーターショー2009(3/5〜3/15)に出展するコンセプトカー『Qazana(キャザナ)』の"一部"です。

「小型クロスオーバーコンセプト」ということで『キャッシュカイ(デュアリス)』の弟分的存在のようです。
画像からはどんなルックスかほとんどわかりませんが、これだけ見るとなんだか『デュアリス』よりも『マーチ』派生のような・・・。
生産はイギリスのサンダーランド工場で行われるそうです。
ヒット作『デュアリス』に続けるか。

【PR】

バイク買取
posted by tunnel at 15:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

『スカイラインクーペ』に7速AT

skyline-7AT.jpg

『スカイラインクーペ』が改良され、マニュアルモード付7速ATが採用されました。

日産ってCVTは得意だけどATの多段化に関しては若干トヨタに差をつけられているイメージがありますが、5速ATから一気に7速ATになったのには驚き。
新型『フェアレディZ』と共に国産車では初の7速AT車じゃないでしょうか?

また、7速ATの他にもボディのすりキズやひっかきキズを時間とともに修復する「スクラッチシールド」を全色に採用したとのこと。
「スクラッチシールド」、初めて聞きましたが、勝手にキズが消えるのでしょうか?すごいです。
どういう仕組みなんでしょうか。
後付けできるのなら僕の愛車『アテンザ』にも是非とも欲しいです。
posted by tunnel at 10:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

日産『NV2500』

nissan_trk.jpg

日産が来年年1月11日に開幕するデトロイトショーに出展予定の商用車のコンセプトカー『NV2500』です。

日産は北米の商用車市場への2010年参入を予定していて、この『NV2500』はその先陣の役割を担っています。
商用車にしておくにはもったいないようなデザインですが、果たして新たな市場での成功はあるのでしょうか。
posted by tunnel at 14:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

日産新型『フェアレディZ』

nissan_new-z.jpg

日産が12月に発表予定の新型『フェアレディZ』の写真を公開しました。

フェンダーが強調されスポーティさをアップしながら現行よりも曲線的で、全体のスタイルを見るとどこかレトロっぽい印象をこの写真からは受けます。
ヘッドライトの形は賛否両論分かれそうですが、写真で見るのと実際に見るのとでは意外と違いますからね。

nissan_new-z_in.jpg
インテリアは丸いパーツが使われ過ぎで落ち着かないような気が。
posted by tunnel at 16:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

日産2代目『ムラーノ』発売

nissan_nes_murano_f_01.jpg

去年末に記事にした新型『ムラーノ』が国内で発売になりました。
初代は国内販売開始が北米に比べて大きく遅れたのに対して(北米2002年12月発売、国内2004年9月発売)、新型は約半年遅れただけということで初代のオーナーの中にはちょっとモデルチェンジが早い気がする人もいるのでは。

新型も初代に負けず劣らずこれぞ『ムラーノ』と言わんばかりの個性的なマスク。
エンジンは先代と同じく2.5リッター直4と3.5リッターV6が用意され、いずれもエクストロニックCVTとの組み合わせ。
駆動方式は全グレード4WD。
ボディサイズは全長4825×全幅1895×全高1700(mm)と、先代よりそれぞれ55mm、15mm、15mm大きくなりました。
新型のプラットフォームは「D-プラットフォーム」と呼ばれる『ティアナ』にも用いられたもの。

まぁ、このクルマの場合、やれプラットフォームだ、エンジンスペックがこうだ、とか言うオーナーは少ないでしょう。
国産では数少ない"見た目で購入を決定できるクルマ"だと思います。
posted by tunnel at 16:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

国産乗用ディーゼルが日産から

日産発エポックメイキングなニュースが。
carviewの記事より:
日産自動車は9日、『エクストレイル』に搭載して今年9月に発売するクリーンディーゼルエンジンの概要を発表した。国内で2009年秋に導入されるディーゼルの「ポスト新長期規制」に適合する初の乗用車となる。
このエンジンは仏ルノーと共同開発し、すでに欧州向け車両に搭載している排気量2.0リットルの「M9R」をベースに、日本の最新規制に適合させるため、NOx(窒素酸化物)触媒と高度なエンジン制御システムを採用している。
社内比較では出力が同一レベルの2.5リットルのガソリンエンジンより、30%程度燃費性能(10・15モード)が向上し、CO2(二酸化炭素)の排出量は約2割低減できるという。
当初は「高トルクなど、ディーゼルの良さを活かす」(薄葉洋常務)狙いから、手動変速機(MT)のみの設定とする。このため、国内での販売は限定的となりそうだ。AT仕様については「検討中」(同)としている。

ようやく国産乗用ディーゼルが現実的なニュースとして発表されました。
記事の通り、MTのみの設定だったり車種が車種なだけに数が売れるものではないでしょうが、この他社に先駆けた日産の試みは素晴らしいと思います。
ただ、欧州では主流と言えるディーゼルの技術や周囲の環境が日本では遅れていたのも事実で「やっとか」という思いが強いですが。
友人でもずっと以前から『ランクル』のディーゼルを待ち望んでいる男がいます。
個人的には小型車で1.5リッター位のディーゼル仕様が早く販売されればいいなと思います。
posted by tunnel at 14:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

日産『GT-R』

nissan_gtr_b.jpg

新型『GT-R』、最近街中で都内都下問わず見かけるようになってきました。
信号待ちで横に並んだ感想としてはデカイ、そしてゴツイ。
金属の塊から削り出されたようなルックスはインパクトあります。
やっぱり特別なクルマなんだと再認識。
音に関してはフェラーリやランボルギーニのそれよりも大人しいですね。

posted by tunnel at 16:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

日産『マキシマ』

nissan_maxima.jpg

ニューヨークオートショーで発表された新型『マキシマ』です。
北米版『ティアナ』の新型ですね。
ボディサイズは全長4841mm×全幅1859mm×全高1468mm。
そういえば新型『アテンザ』も北米では専用モデルが用意されるそうで。
やっぱりサイズは大きくなるんでしょうね。

nissan_light.jpg
『ステージア』のようなシンプルなエクステリアの中、「タービンライト」と呼ばれる新デザインのヘッドライトにまず目がいきます。
これはいままで見たこと無い形でインパクトありますね。
どちらかというと"まったり"系の『ティアナ』に比べて『マキシマ』はスポーティなキャラクターで押しているのがわかります。
国内で日産からスポーティセダンを買うとなると『スカイライン』しかないので、『マキシマ』みたいなクルマが向こうでだけ売られているのはなんとも歯がゆい感じがします。
posted by tunnel at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

新型『ムラーノ』

08_murano.jpg

先日、ロサンゼルスオートショーで発表された新型『ムラーノ』です。
現行モデル同様人目を惹くエクステリアは健在のようです。
コンセプトカーのようなフェイスは好みの分かれるところではないでしょうか。

08_murano_bc.jpg
後姿はフロントに比べてすっきり。

08_murano_in.jpg
インテリアはかなりのレベルアップに見えます。

アメリカでは来年1月上旬の発売予定とのこと。
現行モデルは2002年にアメリカで発売、日本上陸は2004年ですから次期モデルも当分の間国内ではお目にかかれないかもしれません。
でもいまだに街中で現行『ムラーノ』を見かけると他の国産に比べて断然目立ってますよね。
あの強烈な個性を持ったデザインはまだまだ新型を必要とはしてないのかもしれません。
posted by tunnel at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

ベールを脱いだ日産『GT-R』

2007_gt-r.jpg

10月24日、日産がついに新型『GT-R』を発表しました。
また、正式な車名は従来の『スカイラインGT-R』から『ニッサンGT-R』となりました。

既に2年前の東京モーターショー以来、WEBや雑誌で写真が見れたわけですが、顔だけはマスクに覆われており、各誌で予想CGが掲載されていました。
さすがに日産の威信をかけた特別な車だけあってガードが徹底的に堅かったようです。
そしてようやく待望のお顔が明らかになりました。
歴代GT-R同様、煌びやかな印象とは無縁なスパルタンな表情。
日産はフェラーリやランボルギーニのようなキャラクターとして売りたいような感じですが、いやいやいや、GT-Rは走り屋の車ですよ。
この車で六本木のホテルやレストランに現れたって全然似合わない。
生粋の走り屋カーですよこの面構えは。
きっと新型はそこまでスパルタンな乗り心地ではないはず。
あんなに地面にベタベタなイタリアンスーパーカーよりもずっと乗りやすい車でしょう多分。
が、傍から見るとやっぱりGT-Rという車は良くも悪くも映画「ワイルドスピード」で見るような走り屋の車なんです。
僕なんかから見ると「純粋に走るのが好き」な人が乗る車ってイメージであるし、またそういう人しか買わないんじゃないかと思います。
フェラーリとかみたいに「カッコイイから買う」のとは少し違う気がします。
(もちろん『GT-R』もカッコイイと思って買うのでしょうが)
もしメーカーがそういった走り屋以外のユーザーを取り込みたいのであれば、この車名&ルックスはなしでしょうね。

搭載される新開発の3.8リッターV6ツインターボエンジンは最高出力480ps(353kW)/6400rpm、最大トルク60kg-m(588Nm)/3200-5200rpmを発揮。
数値だけ見ると『M3』『IS-F』を大きく上回っています。
ターボの力ってやっぱりすごいなぁと実感。
素人目にはやっぱり気になる馬力。

スピードメーターが340km/h(!)まで表示されているそうですが、リミッターは他の国産同様きっちり180km/hで作動。
なんだかもったいない気もしますが、これは仕方がないですね。
ただし一部サーキットに持ち込んだ場合にのみリミッター解除可という記事がありました。
300km/h出したい人はサーキットへGOですね。
posted by tunnel at 16:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ああ・・・『ステージア』生産終了

nissan_stagea_end.jpg

残念ながら、以前こちらのブログでも紹介した『ステージア』が生産終了となってしまいました。
同時に『サファリ』も国内向けは生産中止とのこと。
『ステージア』の次期モデルとか見てみたかったなぁ。

今後は在庫のみの販売となるそうです。
貴重な国産Lクラスワゴンが欲しい人、迷っている暇はありませんよ。
posted by tunnel at 11:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

日産『デュアリス』

dualis.jpg

日産から発売になった新型車『デュアリス』です。

欧州では既に2月から『キャッシュカイ』の名前で販売されている車。
なぜ日本だけ車名を変えるんでしょうかね。
そのネーミングの由来は、「充実した(オンとオフの)デュアルライフを提供したい」だそうです。
ここでいう「オン」というのは主に「通勤」ということになるのでしょうか。

この『ドュアリス』はイギリスの日産テクニカルセンターヨーロッパを中心に開発され、イギリスのサンダーランド工場で生産された逆輸入車。
デザインも欧州のデザインセンターが担当とのこと。
でも日本産の日産車に混ざってもなんら違和感はない気がします。
逆に『シビック』のハッチバックモデルのようにもっとインパクトあるデザインのものが見たかった気もします。
posted by tunnel at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

インフィニティ『EXコンセプト』

nissan_ex_f.jpg

ニューヨークショーでお披露目予定のインフィニティ『EXコンセプト』です。

この車、日本の厚木デザインセンターの製作で、2007年末までに北米市場に投入されるそうなのですが、サイズ(『ムラーノ』よりもひと回り小さい)からいって日本導入も期待できそうです。
『ムラーノ』のデザインほど"斬新"ではありませんが、このフーガ顔が好きな人にはいいのでは。
posted by tunnel at 13:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

新型『スカイライン』発売

nissan_skyline_new.jpg

フルモデルチェンジした『スカイライン』が11月20日から発売開始されました。

事前に様々なメディアで画像が露出していたので、多くの人は落ち着いてこの日を待つことができたのでは。
ネット上で新型のエクステリアのインプレッションを見ると、写真よりも実車のほうが数段魅力的である、という感じのものが大半を占める。
確かにそうだとう思うが、それはどの車にも言えることではないでしょうか。
『フーガ』が割と好きな僕にとっては新型の顔はなかなかカッコイイと思えます。
ただしリヤーの"ぼてっ"としたデザインはいただけません。

nissan_skyline_new_side.jpg

この"ぼてっ"感はサイドから見たときに顕著に現れます。
なんかリヤーバンパー部に"こぶ"のような物体がくっついているように見えるくらい膨らんでいます。
曲線が上手くデザインに溶け込んでいないような。
リヤーのデザインに関しては来年秋にフルモデルチェンジ予定のクーペモデルに期待しようと思います。

posted by tunnel at 17:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。