2012年02月12日

三菱次期『アウトランダー』

img_20120209_21532372_1_l.jpg

今年の夏発売予定の新型『アウトランダー』です。
現行も男前ですが、ちょっと新型はイケメン路線から距離を置いたお洒落な印象。
国産ぽくない感じです。
グローバルモデルの『トライトン』と通じるような。
アウトドアをしない僕はクロスオーバーモデルをマイカーにはしませんが、
先日記事にした『CX-5』やこの新型『アウトランダー』の画像を見ると欲しくなってしまいます。
carviewの記事より:
三菱自動車は、3月6日よりスイスで開催されるジュネーブショーで、新型“アウトランダー”を世界初公開すると発表した。2代目となる新型アウトランダーは、クラストップレベルの低燃費、低CO2性能を追求した優れた環境性能や、先進安全技術の採用による高い安全性能、質感の高いインテリアの3つを柱に開発されている。エンジンは、新開発の可変動弁機構を採用した2リッター4気筒SOHC?MIVECエンジン(4J11型)と、欧州の厳しい排出ガス規制に対応する14.9の低圧縮比を実現した2.2リッタークリーンディーゼルエンジン(4N14型)の2タイプが設定される。また、アイドリングストップ機能“オートストップ&ゴー(AS&G)”の採用や、ボディ構造の最適化や高張力鋼板による車体の軽量化、空力性能の改善などにより、クリーンディーゼルエンジン搭載車(6MT、2WD車)では、CO2排出量が130g/kmを切る見込みという。安全面では、前方の障害物を検知し、自動ブレーキにより衝突事故を予防する衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)や、高速走行だけでなく渋滞時でも前車との車間を維持しながら走行可能なレーダークルーズコントロールシステム(ACC)、車線を逸脱しそうな場合にドライバーに警報で注意を促す車線逸脱警報システム(LDW)などの先進安全技術が採用される。インテリアについては、ソフトパッド材を採用したインストルメントパネルや光沢のあるブラックパネル、メッキとシルバーの加飾などにより上質感が高められている。またセカンド、サードシートは座り心地の良さとアレンジのしやすさを両立。リアハッチには荷物の出し入れに便利な電動テールゲートを採用するなど、利便性の高さも追求されている。新型“アウトランダー”は、今夏よりロシアで販売が開始され、以降、欧州、日本、オセアニア、中国、北米と順次各市場に展開されるとのこと。また、2012年度中にはプラグインハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加投入される予定となっている。


posted by tunnel at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

英国三菱のスーパーランエボX

evo-x_400.jpg

英国三菱が発表した『ランサーエボリューションX FQ-400』です。

チューンされた2.0リッター直4MIVECターボエンジンは最大出力403ps/6500rpm、最大トルク53.5kgm/3500rpmを発揮。
6速MTと三菱自慢の4WD「S-AWC」との組み合わせで0-100km/h加速は3.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)で歴代ランエボ最速。
この"スーパー"ランエボ「FQ-400」はイギリスで6月から販売開始予定。
価格は4万9999ポンド(約760万円)とのこと。
posted by tunnel at 14:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

三菱『アウトランダーGTプロトタイプ』

autrndr_gt.jpg

三菱がニューヨークモーターショーで発表したコンセプトカー『アウトランダーGTプロトタイプ』です。

『アウトランダー』にジェットファイターグリルを付けただけではございません。
エンジン出力アップ、車両運動統合制御システム「S-AWC」の搭載、イタリアOZ社製19インチアルミホイール、イタリアBrembo社製ブレーキなど豪華"走り"の装備が満載。
ボディサイズは全長4665×全幅1800×全高1680mm、ホイールベース2670mm。
エンジンは3リッターV6「MIVEC」エンジンを改良したもの。
組み合わされるミッションは6速AT。

ギャランなどセダン系のジェットファイター顔もカッコイイですが、予想以上にSUVボディにも似合いますね。
ノーマル『アウトランダー』のマスクも悪くないですが、無難過ぎる感はあるので、次のMCを機にこの際『アウトランダー』全部この顔にしても良いのでは。
『デリカD:5』には似合わなそうですね・・・。
posted by tunnel at 14:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

三菱『パジェロ』ショートボディにディーゼル設定

pajero-di.jpg

先日、三菱『パジェロ』のショートボディにディーゼル仕様が追加されました。

先にディーゼル仕様が登場していたロングボディと同じ3.2リッターコモンレール式ディーゼルエンジンを搭載。
吸音材や遮音材を使って騒音対策もなされているとのこと。
内外装はガソリン仕様と同じですが、バックドアーには専用エンブレム「DI-D」が。
クロカンショートボディに3.2リッターディーゼルエンジン、国産唯一無二の存在が誕生です。
ターゲットがものすごく絞られそう。
っていうかどんな人が買うのかなぁ。興味あります。
posted by tunnel at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

『パジェロ』にもディーゼル登場

pajero-di-d.jpg

先に登場して話題になった『エクストレイル』のディーゼル仕様に続いて三菱『パジェロ』にもディーゼルエンジン搭載モデルが追加設定されました。

『エクストレイル』がMTのみなのに対して『パジェロ』は5速ATを組み合わせてきました。
ただし、排気量が3.2リッター(『エクストレイル』は2リッター)と大きいので商品力としては互角でしょうか。
何にせよ、国産クリーンディーゼルが増えるのは喜ばしいこと。
今後様々な車種でガソリンorハイブリッドorディーゼルと選択できるようになるかもしれないですね。
posted by tunnel at 11:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

三菱『パジェロスポーツ』

paje-spo.jpg

モスクワモーターショーで発表予定の新型『パジェロスポーツ』です。
日本では聞き慣れないこの車はロシア向けSUVなのだそうです。
エクステリアは『パジェロ』というよりも『トライトン』に近い顔と"丸み"があります。
好みの分かれるところでしょうが、個人的には『パジェロ』の方が好きですね。
ボディサイズは全長4695mm×全幅1815mm×全高1800mm。
エンジンは最高出力163馬力、最大トルクは35.0kgmを発生する3.2リッター直噴ディーゼルを搭載。
これに5速MT、または4速ATが組み合わされるとのこと。

ロシアの道ってこういったオフロードが得意な車が重宝するんですかね。
posted by tunnel at 16:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

三菱『ギャランフォルティス』に新グレード

rallyart.jpg

『ギャランフォルティス』に新グレード「ラリーアート」が追加されました。

ターボ、ツインクラッチSST、そして4WDとアウディやVWのホットハッチのような装備。
「これぞ本命グレードだ」という人は割と多いのでは?
エンジンスペックは最高出力240ps/6000rpm、最大トルク35.0kg-m/3000rpm。
ツインクラッチSSTは『ランエボX』とはギア比が異なり、燃費対策として5速と6速がハイギアード化されているとのこと。
価格は298万2000円也。
これで個人的にハッチバックモデルへの期待が高まりました。

rally_in.jpg
ただ、インテリアが残念なクルマなんですよね・・・。
posted by tunnel at 15:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

三菱『ランサー』のハッチバック登場

mitubishi_3hb.jpg

三菱が秋のパリサロンでの出展を発表した『ランサー(ギャランフォルティス)』の5ドアハッチバックバージョンです。
1.5、1.8リッターガソリンエンジンと2リッターディーゼルターボが用意されるそうで、更に来春には新開発クリーンディーゼルも追加されるとのこと。

また先日記事にした『プロトタイプS』の市販モデル『ランサーラリーアート』『ランサースポーツバックラリーアート』も同時に出展されるようです。
日本ではどんなネーミングで登場するのでしょうか。
posted by tunnel at 14:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

三菱『コルト ラリーアート バージョンRスペシャル』

mitu_clot_ra.JPG

三菱が5月27日から販売開始予定の特別仕様車『コルト ラリーアート バージョンRスペシャル』です。

なんでも特別仕様車ではドア開口部の全周を通常の自動化されたスポット溶接に加え、"連続シーム溶接"というものをその上から施し、ベースモデルに比べて約10%の剛性アップがなされているそうです。
スポーツモデルらしい地味だけど手間とお金かかった仕様になっているようです。
価格は232万500円也。
一般の人から見ればとんでもなく高い『コルト』になってしまいますね・・・。
posted by tunnel at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

三菱『プロトタイプS』

mitubishi_proto-s_r.jpg

ジュネーブショーで発表された三菱『プロトタイプS』です。

以前から噂されていた『ギャランフォルティス』のハッチバックモデル。
エンジンは2リッターMIVECインタークーラー付きターボで最高出力は240psとのこと。
それに『ランエボX』譲りの2ペダルセミオートマの「ツインクラッチSST」と電子制御多板クラッチ採用のセンターデフ式フルタイムAWDの組み合わせ。
国産車に限っては2リッターターボのセミオートマって最先端な気がします。

車種をいたずらに増やすのではなく、1つの車種からボディタイプを派生させていくのはその車種のブランド力を上げる効果があると思います。
VWでいうところの『ゴルフ』みたいな三菱の中心となるモデルになってくれればいいと思います。難しいかなぁ。
posted by tunnel at 11:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

三菱『i(アイ)』

mistubishi_i_gold.jpg

昨日に続いて軽自動車の話題ですが、今日は三菱『i(アイ)』です。

最近、とある友人が会社の寮に入りました。
ところが、勤務先とその寮が結構離れたところにあり、通勤辛いとのこと。
そこでマイカー購入を考えていたのですが、維持費のことを考え軽自動車の中から探していました。
で、候補に挙がったのがこの三菱『i(アイ)』なんです。

このデザインに友人は惹かれたそうで、本格的に購入を検討中の様子。
価格は¥1,050,000〜¥1,617,000まで。いい値段しますね。
ユニークで他車と競合しづらい車なので中古車価格もなかなか下がらないのでおそらく新車で買うつもりだと思います。

エンジンを後ろのタイヤより少し前の位置に搭載する「リヤミッドシップレイアウト」を採用した『i(アイ)』がどんな走りをするのか、友人が試乗に行くときにでも付き合せてもらおうと思います。
posted by tunnel at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

三菱『ランエボX』発売

ramevo_x_f.jpg

ついに三菱から新型『エボリューションX』が発売になりました。

進化した4WDシステム「S-AWC」や2ペダルMT「ツインクラッチSST」など話題の装備を奢られ堂々のデビューです。
といっても2ペダルMT装備グレードは少し遅れての発売とのこと。

搭載エンジンは、軽量アルミブロックを採用する新設計の2リッターMIVECターボ。
最高出力280ps/6500rpm、最大トルク43kg-m/3500rpmというスペック。
気になる「ツインクラッチSST」は奇数ギアと偶数ギアが異なるクラッチを持ち、三菱版「DSG」と言えそうです。

グレード構成は「S-AWC」や「ツインクラッチSST」などの新技術を搭載し、日常走行からスポーツドライビングまで幅広く対応する「GSR」をと競技車として装備の削減や簡素化など軽量化を徹底した「RS」の2グレード。

GSR(5MT) 349.545 万円
GSR(6AT) 375.06 万円
RS (5MT) 299.775 万円
posted by tunnel at 15:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

三菱の新型は『ランサー』ではなく『ギャラン』

mitubisihi_new_garan_f.jpg

三菱が今秋発売を予定している新型セダンの車名が『ギャラン・フォルティス(GALANT FORTIS)』に決定しました。
「フォルティス」とはラテン語で「勇壮、勇敢」を意味するのだそうです。

てっきり新型『ランサー』なのかと思っていたので驚きました。
まぁ、でも言われてみると現行『ランサー』よりも『ギャラン』に近いルックスですよね。
車格も新型は『ギャラン』寄りだし。
それに『ランサー』という車名は『ランエボ]』として残るわけで、三菱を代表する『ギャラン』というネーミングの復活は嬉しいですね。
ハッチバックモデルのネーミングはどうなるのでしょうか?
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

三菱『デリカ D:5』発売

mit_d5.jpg

三菱自動車から『デリカD:5』が発売されました。

エンジンは『アウトランダー』と同じ2.4リッター直4で、トランスミッションにはCVTが組み合わされます。
『アウトランダー』同様に上級グレードにはマグネシウム合金製のパドルシフトも装備されるとのことですが、『デリカ』にパドルシフトというのもなんだか"変"な気がするのは僕だけでしょうか。

デザインに関して以前の記事で「コンセプトモデル『Concept D:5』とフロントが大きく変わって残念」と書きましたが、じっくり見て考えると『アウトランダー』、新型『パジェロ』、新型『ランサー』、そしてこの新型『デリカ』とフロント周りのデザイン(特にヘッドライト)に統一感が出てきたなぁ、と感じました。
リコール問題で失墜したスリーダイヤブランドを復活させるには誰が見ても三菱車だとわかるブランド力が必要です。
そういえばバブル期の多チャンネル化で失敗、苦しい状況にいたマツダが満を持して『アテンザ』を市場に投入してから始めまった復活劇の際も『アテンザ』、『アクセラ』、『デミオ』、『MPV』とマツダ車として統一された顔を持たせました。
(今でも遠目に見ると『アテンザ』と『アクセラ』、間違えることがあります)
それは少なからず"マツダの顔"としてブランド力及び知名度向上を手伝ったと思われます。
そう考えると三菱にとってマツダの復活は参考になったのではないでしょうか。
明確な理由はわかりませんが、ゴーン氏による日産V字回復よりもマツダのケースの方が近い気がします。
日産はまず工場を潰して大規模なリストラを敢行、そして国内での市場が見込める小型車市場(『マーチ』『キューブ』)を突破口にしました。
それを糸口にその後は共通プラットフォーム、エンジンを上手く汎用化し新型車種を増やすという徹底した"効率重視"による復活劇だったのに対してマツダ、三菱は起死回生モデルとして『アテンザ』、『アウトランダー』という国内では売れ筋とは言えないサイズ、ジャンルの車で勝負してきたこと。
それはより車としての本質(走る・曲がる・止まる)が問われるクラスの車であると同時にグローバルな視野で見ると決して小さくはない市場での成功を目指し、復活はその過程であるかのようなメーカーの姿勢がそう思わせるのかもしれません。
デザインに関しても『マーチ』、『キューブ』などの垢抜けた印象は『アテンザ』『アウトランダー』にはありません。
が、トヨタ車と日産車のデザインには統一感はありません。(車種が多いというのもありますが)
それが良い悪いのお受け止め方はユーザーとしてもちろん様々でしょうが、日本人から見て車ブランドとして絶対的な地位にあるベンツ、BMWなど欧州車はみなバッジの有無に関わらずどこのメーカーの車かそれほど車に詳しくない人でもわかりますよね。
そういうブランドを今のマツダ、三菱は目指しているのではないでしょうか。

それから『デリカ D:5』に話を戻しますと、個人的には『ラルゴ』や『ハイエース』オーナーの方々による『D:5』評なんかを聞いてみたいですね。
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

三菱NEW『ランサー』

new_rns.jpg

新型『ランサー』の写真が公開されました。(北米仕様)
来年のデトロイトショーに出展されるとのこと。

auto-webより
サイズは全長×全幅×全高:4750×1760×1490mm、ホイールベース2635mmと現行モデルにたいし35×65×60mm、ホイールベースで35mmも大きくなっている。
2005年の東京モーターショーに出品した『Mitsubishi Concept-X』のイメージを継承しつつ、安定感のあるスタンスと端正かつ精悍なフォルムを実現している。

 また、衝突安全性や剛性に優れる、新時代のプラットフォームを採用。高性能かつ低燃費、排出ガス性能に優れた新開発のアルミブロック製2リッター直4DOHC MIVECエンジン(152hp)、北米向けとしては初めてとなる6速SportronicR 付きCVTを、そしてランサーGTSグレードに6速パドルシフトを採用するなど、環境性能と経済性に加え、走る楽しさを高める装備を採用し、新時代のスポーツセダンに相応しい内容としている。


フロントはすごく好みです。
ボディカラーを豊富に揃えて欲しいと思います。
posted by tunnel at 16:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

次期『デリカ』その名も『デリカD:5(ディーファイブ)』

mit_d5.bmp

次期『デリカ』が『デリカD:5』として生まれ変わります。
新しい車名は初代から5代目となることから由来されているとのこと。
「D」は「デリカ」のDでしょうか。(安易過ぎ?)

concept_d5.jpgConcept D:5
コンセプトモデルである『Concept D:5』と大きくフロントの形状が変わってしまったのは残念です。
『デリカ』にはワンボックスに近い形のまま進化して欲しかったのに。

それにしても三菱の新型は男性が運転するには躊躇してしまうような可愛さ満点(?)の『i(アイ)』が出てからは『パジェロ』『デリカ』と180度変わって硬派な車が続きました。
なんだか両極端なキャラクターの車しか出てきてないですね。
で、来年は新型『ランサー』が登場するようですが『コンセプトX』の様子からいってこれもキャラ濃そう。(カッコイイですけどね)
なので僕は"エボ"の方ではなく"素"の新型『ランサー』のデザインに注目しています。

posted by tunnel at 17:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

三菱『パジェロ』フルモデルチェンジ

pajero_undup.jpg

先月の記事で書いた新型『パジェロ』がいよいよ発売になりました。

ゴツゴツとした直線的なデザインがカッコイイです。
『パジェロ』と聞くと大きなイメージがありますが、「ショートタイプ」だとボディサイズは全長4385mm×全幅1875mm(一部グレードは1845mm)×全高1850mmに納まります。
意外と街中でも乗りこなせるサイズなんですね。
「ロングタイプ」も先代とほぼ変わらぬサイズなので、最近のモデルチェンジの流れから考えると珍し"巨大化"してません。
パジェロ乗換え組にとってはうれしいことだと思います。
posted by tunnel at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

三菱新型『パジェロ』

mitubishi_new_pajero.jpg

三菱自動車がパリサロンで新型『パジェロ』を公開すると発表しました。

DrivingFutureより

パジェロは、1982年に初代が登場して以来、25年間で約250万台が生産され、世界170ヶ国で販売されるほどの人気モデルとなっている。パリサロンで発表される新型(欧州仕様)は初代から数えて4代目にあたり、オンロードでの快適性やオフロードでの機動力など歴代の優れた基本性能を受け継ぎながら、新エンジン、新装備の搭載により、オールラウンドSUVとして魅力向上が図られている。

メカニズム面では、環境に配慮した最新の3.2リッター直列4気筒コモンレールディーゼルの搭載をはじめ、4輪を電子制御するオールホイール・コントロール(AWC)思想に基づく走破性の向上、新世代のスーパーセレクト4WD-II、ASTC(アクティブ・スタビリティ&トラクションコントロール)といった数々の新技術により走行安定性や安心感の向上が図られている。もちろんエンジンは、ガソリン仕様も用意され、3.8リッターV6 MIVECが搭載される。

インテリアは、内装の質感が高められると共に、860Wもの高出力を誇るハイパワーアンプや12スピーカーをもつロックフォード アコースティック デザイン プレミアムサウンドシステムが設定されるなど、音響性能にもこだわりを見せる。


日本でも10月頃から発売されるようです。
SUVというよりも本格的なオフローダーとしての印象がある『パジェロ』ですが、上の説明を読むと従来に比べてややオンロードを意識した車になっているようです。
ただ、三菱には『エアトレック』から進化し、車格的にも立派になった『アウトランダー』がラインナップにあるので、『パジェロ』にはベンツ『Gクラス』のような徹底したオフローダーを目指してもらいたい気もしなくもないです。
まぁ、いずれにしても三菱ブランドを代表する車の復活は嬉しい&楽しみです。
posted by tunnel at 15:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

三菱『トライトン』

mitubishi_tryton_01.jpg

2006年度中に逆輸入の決まった『トライトン』です。

『トライトン』はタイで生産されているピックアップトラック。
現地ではすごい人気でバックオーダーを抱えるほどらしいです。
これが日本でもヒットとなれば、他メーカーも動いてくるかもしれませんね。

アウトドア好きには重宝するボディタイプだと思います。
ドロだらけの荷物や大きな荷物、釣った魚とか帰りに車内に積むのイヤですよね。
外の荷台はそういう物をガンガン放り込めて便利。
posted by tunnel at 16:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

三菱『コンセプトX』

mitubisi_x_01.jpg

mitubisi_x_02.jpg

10月19日から開催される東京モーターショーで公開予定の『コンセプトX』。
『ランエボIX』の後継モデルとの噂ですね。

以前の記事で紹介した『コンセプト・スポーツバック』とクーペっぽくしたデザイン。
やはりこちらも力強く硬派なデザインでカッコいいです。

mitubisi_x04.jpg

それにしてもたくさんエアを吸いそうな顔してますね〜。
顔の半分以上は吸入口になっているような気が・・・。


サイズは、全長×全幅×全高は4530×1830×1470mm。
エンジンは、新開発2リッター直4DOHC MIVEC+インタークーラーターボで、高回転域までのフラットなトルク特性を実現するなど全域高性能/高レスポンス化を目指したもので、アルミブロックにするなど約10%の軽量化を達成。
この軽量化で回頭性を高め車両運動性能を向上させ、燃費も改善している。
これに組み合わされるのは6速自動マニュアルトランスミッション+パドルシフト。
MT以上の俊敏な変速と効率を実現する三菱の自信作である。


この6速自動マニュアルトランスミッションというのが気になりますね。
雑誌等には2007年市販化という記事もありました。
いつ僕らの前に登場するかはわかりませんが楽しみな1台です。

ランエボ程のスパルタンな走りは必要としない僕には、ボディスタイルは共通でインテリアや快適装備を充実させた”ちょい”スポーティなグレードを用意してもらえるとありがたいです。
posted by tunnel at 16:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 三菱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。