2012年05月04日

ランボルギーニのSUV『URUS(ウルス)』

urus.bmp

ランボルギーニ社がSUVコンセプトカー『URUS』を発表しました。
斜め後ろから見たスタイルがすごくカッコイイと思います。
SUV、都内のセレブが乗っているのは頻繁に見かけますが、日本ではやっぱり大きなSUVは流行っているとまではいかない気がします。
ですが、ランボルギーニまでが開発するSUV市場、世界的には大きな存在感があるのでしょう。
価格に差は出るかと思いますが、強いてライバルに挙がるのは『カイエン』ですかね。
丸い『カイエン』と四角い『ウルス』。




posted by tunnel at 13:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランボルギーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

ランボルギーニ『ムルシエラゴLP650-4ロードスター』

lp650-rs.jpg

ランボルギーニの50台限定モデル『ムルシエラゴLP650-4ロードスター』です。

エンジンは6.5リッターV12を搭載。
最高出力650馬力を発揮して100km/hまでの加速は3.4秒。
最高時速330km/h。速過ぎです・・・。

オープンカーで時速300km/hを超えるとどんな感じなんでしょうかね。
風の巻き込みなんか運転に影響ないように計算されたデザインなのでしょうが、風切り音なんかはすごそうですね・・・。

【PR】

大穴・高配当ならおまかせ!!
南関東4競馬専門のWebケイバ

posted by tunnel at 15:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランボルギーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

ランボルギーニ『エストーク』

lambo_estoque_f.jpg

lambo_estoque_r.jpg

パリモーターショーで登場したランボルギーニの新型車『エストーク』です。
なんと4ドアセダン(?)です。

ボディサイズは全長×全幅×全高が5150×1990×1350(mm)、ホイールベース3010(mm)とかなり巨大。
エンジンは『ガヤルドLP560-4』のV10を更にチューンしたものをフロントミッドシップに搭載。
駆動方式はオールタイム4WD。

フロントフェイスがなんとなく仮面を取った「プレデター」の素顔に
雰囲気が似ていると思ったのは自分だけでしょうか。
リヤーはこれまでのランボルギーニ歴代スーパーカーとはまた違ったボリューム感があってすごくクールです。
ランボルギーニがセダンを作るとこんな後姿になるんだなぁという感じ。
最近ここまでエッジの効いた後姿のセダンはないですからね。
セダンと呼ぶには違和感がありますが、ゴルフバッグ積めるそうですよ。
posted by tunnel at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランボルギーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

ランボルギーニ『ガヤルドLP560-4』

lanbo_gaya_09.jpg lanbo_muru_09.jpg

昨日、ランボルギーニ・ジャパンが『ガヤルドLP560-4』と『ムルシエラゴ』の2009年モデルの販売を開始しました。

『ガヤルドLP560-4』パワーアップした5.2リッターV10エンジンを搭載。
最高速度325km/h、0〜100km/h加速3.7秒、0〜200km/h加速11.8秒とのこと。
スーパーカーも日々速くなっているんですね。
価格は、6速MTが2428万1250円、6速e-gearセミATが2533万1250円也。いつの間にか価格も右肩上がり。
2000万円以内で売られていた頃が懐かしい・・・。

『ムルシエラゴ』09年モデルの方も値上げ。
それぞれクーペ6速MTが3751万1250円、クーペ6速e-gearセミATが3856万1250円、ロードスター6速MTが4136万4750円、ロードスター6速e-gearセミATが4241万4750円也。

lanbo_gaya_in.jpg lanbo_muru_in.jpg
インテリアは後発だけあって『ガヤルド』の方がデザイン・質共に上に見えます。
VWグループのアウディっぽさがあります。
posted by tunnel at 12:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランボルギーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

レヴェントン VS ジェット戦闘機

jet_vs_reve.jpg

先日こちらのブログで記事にした100万ユーロのスーパーカー『レヴェントン』がイタリア空軍の戦闘機『A200-A』と0-3000メートル加速競争で競い合ったとのこと。


DrivingFutureの記事より:
2007 年11 月23 日、イタリア北部のブレシア軍事空港において、イタリア空軍のトーネード戦闘機「A200-A」と、ランボルギーニの公認テストドライバーが運転するランボルギーニ・レヴェントンによる、異例の加速レースが開催された。

このイベントは、戦闘機のパイロットとランボルギーニのテストドライバーが、3 キロの滑走路でその加速を競い合うというもの。レヴェントンは、レース前半では0-100km/h加速3.4秒の俊足を活かしてリードを保つものの、トーネード戦闘機が最後の数メートルでレヴェントンに追いつき、340km/h を超える速度でこれをかわして離陸したという。


もはやクルマ相手じゃ物足りないということでしょうか。
じゃあ戦闘機と競わせるか、みたいなノリで始めたのかはわかりませんが、イタリア人て素晴らしいですね。
posted by tunnel at 12:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランボルギーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

ランボルギーニ『レヴェントン』

lambo_reventon_01.jpg

ランボルギーニ『ムルシエラゴLP640』ベースのスーパーカー『レヴェントン』です。

『ムルシー』よりもかなり尖ったデザインとなったエクステリアとボディにカーボン素材が使われているのが特徴。
このルックスは『ムルシー』or『ガヤルド』にはない"悪そうな"カッコ良さがあります。
エンジンは6.5リッターV12で650psの最高出力と61.3kg-mの最大トルクを発生。
6速シーケンシャルMTギアボックスとの組み合わせにより0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は340km/hに達するとのこと。

限定(たった)20台生産されるそうです。

気になるお値段は100万円!ではなく100万ユーロ。
僕が知る中では『ヴェイロン』の次に高価な市販車じゃないでしょうか。
"20台限定"というのが価格に思いっきり反映されているのでしょう。
posted by tunnel at 16:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランボルギーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

赤い『ガヤルド』

LG_gaya_rear.jpg

本日、表参道に赤い『ガヤルド』が停まっているのを発見。
赤いのは初めて見ました。すごくカッコよかったです。
黄色や白、黒のは何度か見たことあるのですが。
ランボルギーニの赤って個性的ですね。
なにやらこだわりを感じます。
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランボルギーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

ランボルギーニ『ガヤルド・スーパーレジェーラ』

gayagaya.jpg

『ガヤルド』を更に高性能にした『ガヤルド・スーパーレジェーラ』です。

ベースモデルとなる『ガヤルド』と比較すると10馬力パワーアップ&100kgの軽量化されていて、パワーウエイトレシオはわずか2.5kg/馬力だそうです。
0〜100km/h加速はわずか3.8秒。(標準モデルよりも0.2秒短縮)
トランスミッションには、ステアリング・ホイールから手を離すことなくシフト操作が行える“eギヤ”を標準装備。
最新型の4961cc・V10エンジンを搭載し、最高出力は530馬力/8000rpmを発生。

す、すごいッスね。

ボディカラーは、MidasYellow(マイダス・イエロー)、Borealis Orange(ボレアリス・オレンジ)、Telesto Gray(テレスト・グレイ)、Noctis Black(ノクティス・ブラック)の4色を用意。
価格は未定とのことですが、ボディカラー名までもが高価な響きに聞えるのはも気のせいでしょうか。
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランボルギーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。