2009年11月12日

『マスタング』ビッグマイナーチェンジ

new-mus09.jpg

ビッグマイナーチェンジした『マスタング』が日本に導入されました。
(本国では随分前にマイナーチェンジしていたと思うのですが)
良い意味でレトロになったMC前『マスタング』に程よく丸みを持たせて現代風に寄せた感じ。

new-mus09in.jpg
インテリアも質感が大きく上がったように見えます。
内装は二の次と諦めがちな車種なだけにこれは嬉しいですね。
装備面でも全グレードにHIDヘッドランプが採用されました。
このクラスの輸入車でハロゲンは寂しすぎますからね。
中古で200万位で手に入れられるようになれば、高い維持費を含めて購入を検討したい車です。


posted by tunnel at 22:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

フォード『フュージョン・ハイブリッド』

ford_fsn-hy.jpg

ついにトヨタ新型『プリウス』が発売になりましたね。
新型『インサイト』の人気もすごかったですが、『プリウス』はそれを上回る人気で既に6万台注文がきてるとか。
減税効果もあると思いますが、なんといっても205万円〜という車両価格がインパクト大ですよね。
ちょっと前まではハイブリッドというと車両本体が割高でガソリン代でカバーするには何十年かかるんだ、という感じでしたが。
最新モデルは200万円前後で燃費性能は更にアップというのですから、思わず手が出てしまいます。
海外メーカー性のハイブリッドモデルも普及が進んでいる様子。
このフォード『フュージョンハイブリッド』もそのひとつで今春発売されたばかりですが、4月には月間2万台近く売り上げてハイブリッドアメ車普及の旗手的存在となっています。
今は輸入メーカーがハイブリッド車を日本でラインナップしたとしても絶対的に高くつく輸入車に手を出すことはないのですが(ハイブリッド車を買う人の多くはコストパフォーマンスを重視するはず)、もしハイブリッドがガソリンエンジンに代わるスタンダードとなった日には日本でのハイブリッド車の選択も"トヨタorホンダ"ではなく、色々なメーカー車種から選べるようになるかもしれませんね。


【PR】

大穴・高配当ならおまかせ!!
南関東4競馬専門のWebケイバ

posted by tunnel at 14:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

フォード『トーラスSHO』

ford_trs_sho_01.jpg

ford_trs_sho_02.jpg

シカゴモーターショーで発表されたフォード『トーラスSHO』です。

『トーラス』のハイパフォーマンスバージョンでエンジンは3.5リッターV6ツインターボ「エコブースト」を搭載し、V8並みのパワーとV6の燃費を両立しているとのこと。
ちなみに「SHO」というのは「スーパー・ハイ・アウトプット」の略だそうです。
トランスミッションは6速AT「セレクトシフト」。
駆動方式はトルクセンシング4WDを採用。
エクステリアはキラリと光る専用グリルや5スポーク専用アルミホイールなどでベースモデルと差別化。

夏頃から全米で発売されるそうですが、個人的にこの『トーラスSHO』も含めて新型『トーラス』のデザインは好きです。
『マスタング』『エクスプローラー』と違ってどこか欧州フォードっぽいコンサバなルックスがなんともカッコイイ。
国内導入はないでしょうが、5年後くらいに並行輸入の『トーラスSHO』(中古車)を探してみたいです。
1台くらい見つかるかもしれません。
posted by tunnel at 15:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

『フォーカスRS』市販バージョン

ford_forcus-rs_r.jpg

何度かこちらのブログで記事にしている『フォーカスRS』の市販バージョンが公開されました。

前回のグリーンも良かったですが、今回の「パフォーマンスブルー」もカッコイイ色ですね。
エンジンは『フォーカスST』に載っているボルボの2.5リッター直5ターボをベースにシリンダーヘッドやカムシャフトを一新、吸排気系やコンピュータープログラムも変更して最大出力300ps、最大トルク44.9kgmを発揮。
6速MTとの組み合わせで0-100km/h加速5.9秒、最高速度は258km/h!
駆動方式は軽量化の為、先代の四駆からFFへ変更。
高出力FF車特有のトルクステアについては新開発のレボナックルサスペンションを前輪に採用することで対処したとのこと。
随分とカッコイイ名前のサスペンションです。
どんな構造なんでしょうか。気になります。

欧州での発売は来年春。
日本には・・・、入ってこないでしょうね。
posted by tunnel at 12:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

フォード『フィエスタセダン』

ford_fiesta_sedan.jpg

新型『フィエスタ』のセダンモデルです。
この画像を見ると新型のデザインはやっぱりハッチバックでないと会わない気がします。
どうも"ずんぐりむっくり"な気が・・・。

中国の広州オートショー発表されたこの『フィエスタセダン』は現地生産且つ中国国内専用仕様とのことですが、2010年からはタイ及びメキシコでも生産予定で、こちらではアジア及び北米向けの別バリエーションが作られるらしいのです。
その「アジア」に日本が含まれているとは思えませんが、『フィエスタ』『フォーカス』『モンデオ』と魅力的な車がヨーロッパフォードに多いだけに入れて欲しいです。
が、最近の世界の自動車業界、特にビッグ3の状況から言って無責任に入れてくれとは大声では言えませんね・・・。
posted by tunnel at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

超カッコイイ2010年型『マスタング』

ford_mstng-2010.jpg

ロサンゼルスモーターショーで発表された2010年型『マスタング』です。

現行モデルが登場したときもポニーカー全盛のレトロっぽさを失くさずにモダンな姿で復活したなぁ、と思いましたが、このビッグマイナーでは更にカッコよくなりました。
現行モデルの日本正規導入までにはかなりロスタイムがあったので、この新しい『マスタング』はできるだけ早く入れて欲しいですね。
posted by tunnel at 13:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

リンカーン『MKX』

mkx_f.jpg
mkx_r.jpg

5月に日本に導入された『ナビゲーター』に続いて突如国内販売が開始された『MKX』です。
ヨーロッパモデル『フォーカス』等を切り捨てラインナップがとても寂しくなってしまったフォードジャパン。
代わりに豪華ブランド「リンカーン」で巻き返しを図ろうというのでしょうか。
ならば『MKS』だって入れてほしい。

この『MKX』はCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)というジャンルに属するそうです。
リンカーンらしい大きな格子状グリルが迫力満点。
ボディサイズは全長4750mm×全幅1925mm×全高1705mm。
十分大きいですが『ナビゲーター』に比べれば、ね。
ドライブトレーンは最高出力269ps、最大トルク34.6kg-mを発生する3.5リッターエンジンと6速ATの組み合わせ。
また、地デジフルセグチューナー内蔵HDDナビ、運転席&助手席にはシートヒーター&クーラー、後席シートヒーターなどが標準装備。
リンカーンのラグジュアリーな雰囲気が好きだけど『ナビゲーター』はさすがにデカ過ぎ、という人にはいいかも。

この程よくスポーティーなルックス、僕は好きです。
あとリヤーいっぱいに広がるLEDランプ(後続車から「眩しい!」と言われそう)が目一杯光輝くのを見てみたい。
問題は650万円というお値段。
posted by tunnel at 16:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

フォード『Ka』の新型

ford_ka_r.jpg

欧州フォードが2代目『Ka』を公開しました。

初代はオリジナリティの塊!みたいなデザインでしたが、新型はなんだか日本の軽自動車(『R1』とか)のような後姿。
カッコ悪くはないですけど『Ka』の2代目としては正直期待はずれな感じがします。
ボディサイズや搭載エンジンなど詳細なスペックは10月のパリサロンで明らかになるそうです。
初代はここ日本で"MTのみ"という見た目とは裏腹に硬派な設定だったことなどもあり短期間で販売終了してしまいましたが、全世界では140万台以上販売された立派な人気者なんですよね。
しかも2007年まで生産されていたというから結構な長寿モデル。
2代目も初代に続いてヒットモデルになり得るのでしょうか。
フォード・ジャパンにも新型、試しに導入して欲しいものです。
posted by tunnel at 15:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

フォード『フォーカスRS』

ford_forcus_rs_f_01.jpg

去年こちらのブログでチラッと記事にした『フォーカスRS』が今月のロンドンモーターショーで公開されるそうです。

まずはその鮮やかなボディカラーが新鮮。
WRCで活躍する最新の『フォーカス』というとホワイトベースにグリーンとブルーの組み合わせですが、このグリーン一色というのも目新しくてカッコイイですね。
2009年初頭の発売に向けてまだ開発途中とのことですが、ドイツのニュルブルクリンクでたっぷりとテストしているので走りにはもちろん期待できそうです。
エンジンは5気筒2.5リッターターボで300ps/410Nmというハイパフォーマンスを発揮。
組み合わされるトランスミッションは6速MT。
現段階で0-100km/h加速で6秒を切る結果を出しているとのこと。
このハイパワーFF車『フォーカスRS』の開発で最も重要視されたのが足廻り。
FF車特有の予期せぬトルクステアを減少させ、グリップを最大に保つというフロントサスペンションシステムを搭載。
その名も「RevoKnuckle(レヴォナックル)」。響きがカッコイイです。

発売は2009年初頭だそうですが、日本導入は微妙ですね。
宣伝にも結構力が入っていた新型『フォーカス』『フォーカスST』がもっと売れてれば現在のフォードジャパンのラインナップも違っていたんでしょうが・・・。

f_rs_s_01.jpg f_rs_r_01.jpg

f_rs_i_01.jpg f_rs_i_02.jpg
posted by tunnel at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

フォードパワーシフト

ford_pwrsft.jpg

昨年のフランクフルトショーで発表されていた「フォードパワーシフト」がついに完成販売されるようです。
残念ながら国内でヨーロッパフォードの販売は一時お休み中(?)なのでほとんど話題になりませんが。

この新開発トランスミッションは電子制御ツインクラッチ技術を採用したものでVWグループの「DSG(Sトロニック)」同様のデュアル・クラッチ・トランスミッション。
『フォーカス』と『C-MAX』に搭載されるそうです。
新ミッションを積んだ『フォーカス』乗ってみたいです。
フォードジャパンに「コレ試しに国内で売ってみましょう」と無責任なことはいえませんが、『リンカーン』入れられたんだから『フォーカス』販売再開なんてハードル低そうなんですが。
posted by tunnel at 10:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

リンカーン『MKS』本国で登場

ford_mks_black.jpg

去年こちらのブログでも記事にしたリンカーン『MKS』が本国でこの夏発売開始とのこと。

つい先日、日本でも同ブランドの『ナビゲーター』が正規輸入されることになったのですが、この『MKS』導入の可能性も無きにしも非ず。
最近フォードジャパンのHPを見て思ったのですが、今日本でフォードの新車を購入しようとしたら『マスタング』かトラック(『エスケープ』『エクスプローラー』)しかないんですね。
この硬派なラインナップは潔いというかなんというか。
「GMは本国にある4工場を2010年までに閉鎖」とかいうニュースもありましたし、ビッグ3かなり苦しんでいます。(今に始まったことではないですが)
新しいキャデラック『CTS』とかこないだ都内で遭遇しましたが、すごくカッコよかったです。
最新のアメ車も個々を見ていくとドイツ勢に負けない魅力があるのでなんとかがんばって元気になって欲しいと思います。
posted by tunnel at 17:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

リンカーン『ナビゲーター』導入

ford_navi.jpg

フォードジャパンがリンカーン『ナビゲーター』を日本に導入しました。
すでに昨日から販売が開始されています。

『ナビゲーター』は5.4リッターV8エンジンを搭載した8人乗りフルサイズラグジュアリーSUVで圧倒的な存在感や広い室内に加え、快適性や品質性を高い次元で融合されているとのこと。
価格は870万円とサイズ・価格共に国内フォードでは最上級車種にどっしりと構える位置付け。

今回この巨大な『ナビゲーター』導入でいよいよフォードジャパンの方向性が明確になった気がします。
国産車も売れない情勢ですから、質実剛健だけど地味な欧州フォードよりも押し出しの強い本国産"アメ車"をラインナップに持ってくる戦略は理にかなっているのかもしれません。
posted by tunnel at 16:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

フォード『フォーカスクーペ』09年モデル

ford_forcus_coupe_09_f.jpg ford_forcus_coupe_09_r.jpg

フォーカスクーペの2009年モデルが発表されました。

欧州モデルと比べ見た目は大分違います。
欧州モデルはマイナーチェンジで先日記事にした"フォードパワーシフト"が搭載されるとのことでしたが、こちらの北米モデルはどうなんでしょうか。
少なくともエクステリアは欧州モデルの圧勝という感じ。
クーペなのに全然スポーティに見えないのは悲しいです。
posted by tunnel at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

フォード『フォーカスCC』

ford_forcus_cc_f.jpg

ジュネーブショーで登場予定の『フォーカス クーペカブリオレ』です。

『307CC』や『メガーヌCC』のようにハードトップを採用していて、ルーフを閉じた状態で534L、ルーフを開いた状態で248Lが確保されるとのこと。
ルーフが閉じたときのボディラインは『307CC』に近いものがあり、若干トランクリッドの長さが気になります。
エンジンは1.6リッター、2.0リッターとディーゼルの3種類。
組み合わされるミッションは基本的には5速マニュアルで2.0リッターガソリンエンジンではATも選べるようです。
このATが"フォードパワーシフト"なのかはわかりません。

ford_forcus_cc_cl.jpg ford_forcus_cc_op.jpg
2年前、こちらのブログで「『フォーカス』の顔がクーペカブリオレにしては華がない」と書いたのですが、このマイナーチェンジした顔は程よく上品になってクーペカブリオレというボディにも合っているように思えます。
posted by tunnel at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

フォード新型『フィエスタ』

ford_fiest_new_01.jpg

新型『フィエスタ』の概要が発表されました。
昨年こちらのブログで紹介した『ヴァーブコンセプト』の市販化された姿です。

ford_fiest_new_02.jpg ford_fiest_new_03.jpg
ベースは新型『デミオ』と共通だと思われますが、『デミオ』の方が狭そうですがプロポーションは圧勝ですね。
海外では『Mazda2(デミオ)』と競合しないんですかね?
僕は『フィエスタ』よりも新型『モンデオ』を導入して欲しいです。
posted by tunnel at 14:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

フォード『マスタング』2008年モデル

ford_mustang_mc.JPG

ひっそりと『マスタング』(V6モデル)の2008年モデルが登場していました。

新型の特徴としては"ポニーパッケージ"と呼ばれるオプションが標準装備となり、フロントマスク(グリル)が変わりました。
あとは地味にリアスポイラー、アルミホイールなどが変更されています。
正直このグリルはあまりカッコいいとは思えません。
どうせならV8モデルと同じくあの大きなフォグランプを標準装備くてくれればいいのに。
そのV8モデルの新型は5月に発売予定とのこと。
posted by tunnel at 14:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

フォード『フォーカスRS』は2009年

ford_focus-rs.jpg

フォードヨーロッパが2009年に『フォーカスRS』を発売すると発表しました。
上の画像はそのデザインイメージとのこと。

『RS』と言えば『ST』よりさらにハイパフォーマンスバージョン。
ベースとなるのは『フォーカスST』で、開発はヨースト・カピオ氏率いる「チームRS」のスペシャリスト達。
2008年中頃にはコンセプトモデルが出てくるそうです。
今から楽しみなモデルですね。
その前に日本に欧州フォードが復帰してくれればいいのですが。
posted by tunnel at 11:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

マイチェン版『フォーカスST』

ford_focu_st08.jpg

先日こちらのブログで『フォーカス』のマイナーチェンジを記事にしたのですが、今度は『フォーカスST』です。

『フォーカスST』と言えばこの鮮やかなオレンジボディですよね。
現行モデルも大好きですが、マイチェン版も男前でかっこいい。
これに"フォードパワーシフト"が搭載されれば日本でだってそこそこ需要はあると思うのですが。
先月行った東京モーターショーのフォードブースでは欧州フォードの展示車はありませんでした。
日本市場撤退は本当のようです。
今後はSUVや『マスタング』などの"アメ車"に絞っていくんですね。
新型『モンデオ』も見たかったのに。残念。
posted by tunnel at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

フォード『フォーカス』が急激に進化

ford_focus_mc_f.jpg

フォードがフランクフルトショーで発表したマイナーチェンジした『フォーカス』です。

新型『モンデオ』と同じ系統の顔つきになりました。
前のこれぞ中庸!な顔も好きでしたが、新しい顔も男性受けは良さそうです。
どこかフォードグループのボルボ『S40』『V50』の顔に似ています。

ただし今回のトピックはエクステリアよりも中身。
それはツインクラッチの2ペダルマニュアルが搭載されたこと。
まさかフォードがやってくれるとは。
その名も"フォードパワーシフト"です。
"DSG"と比べるとややダサめですが、奇数ギアと偶数ギアを交互に切り替えるという構造は同じようなものなのでしょう。
この"フォードパワーシフト"はゲトラグ社とフォードの合弁会社であるゲトラグフォードで生産されるとのこと。

日本には欧州フォードはもう入ってこないらしいのですが、どうなんでしょう。
4ATから一気にツインクラッチの6速に急進化した『フォーカス』なら『ゴルフ』に一矢報いてくれそうですが。
無理ですかね。
posted by tunnel at 13:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

フォード『バーブコンセプト』

ford_baab_f.jpg ford_baab_r.jpg

フォードがフランクフルトショーで発表予定の新型コンパクトカーのコンセプトモデル『バーブコンセプト』です。

イギリスとドイツのデザインセンターが共同で手掛けたそうですが、、一瞬マツダ『プレマシー』を連想させますね。

ボディサイズは公開されていませんが『フォーカス』、『モンデオ』は新型が発売or発表されて間もないので『フィエスタ』後継というのが各メディアでは有力なようです。

最近、近所のフォードディーラーが閉店したこともあり、ちょっとフォードが心配な自分ですが、なんとか日本でマツダとのネットワークを利用したりして生き残って欲しいと思います。
そしてヨーロッパ・フォードをなんとかラインナップに残してほしい・・・。
せめて新型『モンデオ』が出るまでは。
posted by tunnel at 15:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | フォード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。