2010年07月19日

プジョー『508』

peugeot508.jpg

プジョー『407』の後継モデルとなる『508』です。

最近のプジョー顔と比較するとかなり大人しいというか大人っぽくなりました。
どことなく『406クーペ』に戻った感じ。
プジョーというとBorCセグメントのハッチバックモデルが主力ですが、『406』『407』も街中で見かけるとカッコイイんですよね。

兄弟車の『C5』は日本での発売後結構経ってますが、なかなかお目にかかれない現状。
それよりかは売れるとしてもやっぱり日本ではニッチな存在になってしまうでしょうね。
ハイブリッドモデルも後々設定されるようです。
日本で設定されるかは不明ですが。

軽、スモールコンパクト、ハイブリッド、ミニバン。
これ以外のクルマに乗る人をシェアするのですから大変です。
日本へはそのうちドイツ勢以外はみんなコンパクトカーしか入れてこなくなったら嫌だなぁ。


posted by tunnel at 21:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

プジョー『SR-1』

sr1pjo.jpg

プジョーのコンセプトカー『SR-1』です。
これまでのプジョー顔から一気に大人っぽくなった印象。
『406クーペ』を思い出させる上品でクールな顔、カッコイイですね!
市販化されたら是非とも実車を間近で見たいです。

この『SR-1』、1.6リッター直噴ターボに電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載して、更になぜか4WD。
一般公開のジュネーブショーを楽しみに待ちたいと思います。

【PR】

ヒマラヤ岩塩・卸元・直販店「ビオスヒマラヤンファクトリー」
posted by tunnel at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

プジョー『』市販化決定!

p_rcz.jpg

以前こちらのブログで記事にした『308RCZ』の市販化が決まりました。

市販モデルは名前が『RCZ』となるようです。
来年春頃には発売とのことなので、日本にも秋までに入ってくると嬉しいですね。
詳しい情報はまだわかりませんが、限りなくコンセプトカーに近いデザインで出てきそうです。
これは楽しみ。

【PR】

パウスカート・フラ用品のことならフラショップマリレイへ!
posted by tunnel at 13:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

プジョー『5008』

pjr_5008_01.jpg

9月のフランクフルトショーでお披露目予定のプジョー『5008』です。

ライバルはルノー『グランセニック』やシトロエン『C4ピカソ』になると思うのですが、後発だけあって個人的にちょっと頭一つ抜けてるくらい上質かつお洒落に見えますね、この『5008』は。
『3008』の記事のときも書いたのですが、なんといっても内装の質感は魅力。
写真を見る限りミニバンっぽさは皆無。
エクステリアだって迫力満点。
ミニバンにありがちな背が高くてボッテリという印象もありません。
それでいてボデイサイズは全長×全幅×全高が4529×1837×1639(mm)とのことですから、横幅以外は実際大きくないので日本の道路でも十分活躍してくれそう。
エンジンだって最高出力120psと156psの1.6リッターと小排気量でコンパクトなものを積んでます。
欧州では今秋発売予定だそうですが、これは早く日本に導入すべきでしょ!
posted by tunnel at 11:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

プジョー『308CC』

pj_308cc_s.jpg

以前こちらのブログで記事にしたプジョー『308CC』の国内発売日が6月1日と発表されました。

ボディサイズは全長4455mm×全幅1820mm×全高1430mmでホイールベースが2610mm。
日本導入モデルのエンジンは1.6リッター直噴ターボチャージャー(最高出力140ps)でミッションは4速AT。
ライバルと比べるとどうしてもこのオートマは見劣りしますね・・・。
こだわりが価格も420〜455万円と結構しますので、気になる人は『307CC』の中古を探すのがベターな気がします。
個人的にはフェイスリフトする前の『307CC』が好きです。

【PR】
オンライン予約

posted by tunnel at 15:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

プジョー『3008』

pjt_3008_f.jpg

pjt_3008_r.jpg

来月のジュネーブショーで公開予定のプジョーの新型車『3008』です。

ほぼ昨年記事にした『プロローグ』と同じスタイルでプジョーっぽくないボクシーなエクステリアですが、『アウトランダー』から生まれた『4007』に比べるとこちらのデザインの方が純"プジョー流クロスオーバー"の形なんでしょうね。
発売開始は2009年中とのことですから、もしかしたら来年初めには日本上陸もあるかもしれません。

pjt_3008_in.jpg
個人的に一番興味深いのはインテリア。
画像を見る限り質感は高いしデザインはカッコ良いし。
まるでアウディのコックピットのよう。
『407』『308』あたりから急激に内装の質感が上がった最近のプジョーですが、この『3008』はニミバンとSUVの中間に位置するモデルということなのでそこまで大きな車ではないのですが、このインテリアの画像だけ見たら紛れもなく高級SUVを思い浮かべてしまいます。

【PR】
ネットビジネスのノウハウを全て教えます!
posted by tunnel at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

プジョー『プロローグ』

pjo_hybrid-concept.jpg

プジョー発ハイブリッドカーのコンセプトモデル『プロローグ』です。

昨日書いたGM『オーランド』もですが、今後も多くのメーカーからハイブリッドモデルが市販化され続けるのでしょうが、いつかそれらがスタンダードになる日が来るのでしょうか。
そしたらすごく道路が静かになりそう。
(『LS』みたいな高級車もそうですが)ハイブリッドモデルの静かさって同乗者は快適だと思うのですが、ドライバーとしてはちょっぴり物足りないというか寂しい気もするんですよね。
posted by tunnel at 17:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

プジョー『307CC』

307cc_op.jpg

プジョーが今年のパリモーターショーで出展予定の『308CC』です。

ご存知『307CC』の後継モデルである『308CC』。
電動ハードトップは『307CC』より5秒早い20秒で開閉するとのこと。
ヘッドレストには送風口を設けてルーフ格納時に気温が低い場合の寒さを和らげるため、乗員の首筋に温風を吹き出す「Airwave」システムを搭載。
(現行『SLK』にもこんなような装備がありましたね)
また全幅とトレッドを『307CC』より拡大したことにより後席の足元スペースも拡大。
荷室容量はルーフ使用時が465リッター、ルーフ格納時が266リッター。
エンジンは1.6リッター直噴ターボガソリンエンジンと、2.0リッターディーゼルエンジンの2タイプ。
トランスミッションはどちらも6速MTという組み合わせ。

日本にも早く入ってきて欲しいモデルですね。
でも『307CC』から価格がグッと上がりそうなのが心配。
posted by tunnel at 15:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

プジョー『205GTI』

205gti.jpg

先日、知人が乗っていた車『205GTI』です。
(その知人が乗っていたのは赤い『205GTI』だったのですが)

タイムリーには知らない年代の車ですが、今見てもお洒落度はかなり高かったです。
この小さくて軽いボディに1900ccのエンジンを積んでいます。
僕のようなクルマ素人にはこういった年代物の車のオーナーになるには勇気がいりますが、メンテナンスを出来る人にとっては"あり"な選択だと思いました。
実際こういった車に乗っている人を街中で見かけると「お、只者ではないな」と僕は思いますから。
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

プジョー『308 RC Zコンセプト』

308_rc_z_01.jpg

プジョーが今年のフランクフルトショーで発表予定のコンセプトカー『308 RC Z』です。

アウディ『TT』を連想させるボディスタイルはいままでのプジョーにはありませんでした。
顔は最近では見慣れたプジョー顔ですが、このスタイルは魅力的。
サイズは全長×全幅×全高がそれぞれ4276×1840×1320mm。
posted by tunnel at 15:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

プジョー『207GTi』

pjo_207_gti.jpg

6月18日から発売開始されたプジョー『207GTi』です。

エンジンはBMW製の1.6リッター、175馬力エンジンを搭載し、組み合わされるトランスミッションは5速MTとのこと。
プジョー初となる電動パワステを採用しているそうですが、これもBMWのもの(アクティブステアリング)だと思われます。

WRCなどで活躍しているプジョーですが、市販車モデルのプジョーはまったりとした仕様というイメージがありました。
でも、この『207GTi』は名前からして"走りそうな"感じですね。
posted by tunnel at 09:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

プジョー『308』フォトデビュー

pjo_308_m.jpg

先日画像が公開されたプジョーの『307』の後継モデル『308』です。

ずばりキープコンセプト。
『207』、マイナーチェンジ後の『307』、この『308』の3台を初めて見た人は違いがわからなそう。

pjo_207.jpg  pjo_307.jpg
左:『207』         右:『307』

画像をよく見ると『207』→『308』とノーズ部分が飛び出してきたのがわかります。
こうなるとフェイス部は全てが強調されていてアンバランスな感じ。
バンパー下部のエアダクトをもう少しおとなしくさせた方がかっこいい気がします。
僕としては『407』の顔ぐらいがいいかなと。

pjo_308_in.jpg
内装は画像を見る限り質感、デザイン共にかなりのレベルアップ。
どことなくアルファっぽい感じ。

日本ではプジョー人気は落ち着いた感がありますが、それだけに『308』の今後に注目したいです。
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

プジョー『4007』

pujot_4007_001.jpg

今年7月に導入予定とされるプジョー『4007』です。
このクルマは三菱自動車とPSA(プジョー シトロエン)との共同開発車両で、シャシーは三菱『アウトランダー』と共用。

pujot_4007_r.jpg
リヤーから見ると、なるほど、『アウトランダー』ですな。

PSAといえばシトロエンを忘れてはいけません。
ということでシトロエン『C-Crosser』という兄弟車がいます。
c-crosser_001.jpg『C-Crosser』

これもリヤーから見ると、
c-crosser_r.jpg
なるほど、『アウトランダー』ですな。

両車とも足回りのセッティング等は、独自の味付けが施されていると"違い"を強調しているようですが、少なくとも、フロントを見て『アウトランダー』を連想する人はいないでしょう。
『4007』『C-Cosser』も素材(アウトランダー)を完全に食ってしまうほどのインパクトがあります。
最近のフランス車はフロントの"押し出し"という点ではドイツ勢にまったく引けをとっていませんよね。
日本で売られることはおそらくないでしょうが、1度現車を見て見たいです。
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

プジョー『207CC』

207cc.jpg

本国フランスでプジョー『207CC』が登場したそうです。
まだ日本ではベースである『207』もまだ発売されていませんが。

407以降のプジョー顔はボディの小さいモデル(207、307)になるとちょっと顔が強調され過ぎてしまう気がします。
クルマのキャラクター的には『207CC』、とても魅力的だと思います。
国産で言うとダイハツ『コペン』とマツダ『ロードスターRHT』の間というニッチな所を突いてます。
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

プジョー『908RC』

peugeot_908rc_mae.jpg

プジョーのコンセプトカー『908RC』です。

2004年に発表されたコンセプトカー『907』はV12搭載の"高級2シーターGTクーペ"でした。
それに対してこの『908RC』は4ドア。
エンジン形式はどちらもV12ですが、『907』が6.0Lガソリンエンジン、『908RC』は5.5Lのディーゼルターボユニットを搭載ということです。

デザインは『907』に比べてリアリティが増した印象。
最近のプジョーデザインの特徴である大きくつり上がったヘッドライトはしっかりと備えていますが、エアインテークのデザインは新たな試みのような気がします。
最新のプジョーのエアインテークと言えば"大きな口"のようものがトレンドでしたが、この『908RC』のものはボンネットからのラインがその口を左右に区切っています。
またその左右に分けられたエアインテークを更に上下に羽根が分けています。

pujo_908rc_shomen.jpg
個人的にはスバルがずっと試行錯誤している「スプレンデッド・ウィング・グリル」の"回答"に見えなくもありません。
posted by tunnel at 09:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

プジョー『406クーペ』

pujot_406_coupe_01.jpg

先日、首都高で『406クーペ』を見かけました。

ピニンファリーナデザインのこの車は僕がカッコいいと思うクーペの中でもトップクラスの車。
画像のものはMC後ですが、僕が見たのはMC前のものでした。
(MC後は生で見たことありません・・・。)
どちらもすごくカッコいいと思います。
特にMC前の『406クーペ』はすごくシンプルで控え目なルックスが逆に個性的で知的な感じがあって好きです。
MC後はやや押し出しが強くなったものの全体のバランスは決して下品な感じにならないのはさすが。

実用性よりも見た目命!のクーペに乗っている人ってお洒落だなぁと思います。
そういう人はきっと車が大好きな人ですよね。
posted by tunnel at 10:49| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

プジョー『407』

peugeot_407_02.jpg

この日、都内で『407』の現車を初めて見ました。

実際に見た『407』は大きくて迫力がありました。
かなりカッコいいです。
ボデーカラーはシルバー。
サイドには既に擦って傷が付いていましたが・・・。
フロントオーバーハングはそんなに長く見えませんでした。
でも写真を見ると長いのですが・・・。

どんな人が乗ってるのかなぁ。
posted by tunnel at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

プジョー『307』フェイスリフト

peugeot_307_fl.jpg

プジョー『307』の顔が変わるそうです。

昨日の記事で書いた『407』にそっくり!!
ハッチバック、SW、CCも同時に変わるようです。

最近、アウディの「シングルフレームグリル」モデルを見たときも思ったのですが、欧州車ってユーロプレートが似合う顔なんですよね。

プジョーの新顔はエアインテイク最下部にプレートが位置していますが、ここに日本のナンバープレートを想像すると多少なりとも違和感を感じてしまいます。
僕だけでしょうか。
日本のナンバープレートっていまいち好きになれません。
ド素人意見ですが、表示形式は別としてせめてプレートの大きさぐらい"世界規格"ってできないものですかね。


難しいか・・・。
posted by tunnel at 09:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

プジョー『407』

peugeot_407_01.jpg

少し前になりますが、6月11日にプジョー『407』が発売しました。


『406』の後継車だそうです。
(映画「TAXI」で見た真っ白な406がすごくカッコよかった記憶があります。)


この『407』ですが、昨日記事で書いた『ロードスター』と顔の雰囲気が似てると思うのは僕だけでしょうか?
特に大きなお口(エアインテイク)に鋭い目(フロントランプ)が。
『407』も『ロードスター』も僕の中ではぬぼーんとした感じで"癒し系"(死語?)の顔という位置づけです。
もし購入できたらすごく愛着の沸く顔だと思います。


走っている『407』や『ロードスター』を早く見たいです!


見るのはタダですから・・・。
posted by tunnel at 10:16| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | プジョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。